NIK/G-EGG

JO1ライバル『G-EGG』に『PRODUCE 101 JAPAN』林龍太・三井瞭・鈴木玄が参加決定、Mnetで2月2日より放送

スポンサードリンク

(目次)・TOP
Mnetで放送、視聴者投票と審査員評価でデビューメンバー決定、JO1とライバルに
新メンバー林龍太、三井瞭、鈴木玄の日プでの実績まとめ

SUPERNOVA(元超新星)のリーダーのユナクとY-crewがプロデューサーを務めるグローバルアイドル発掘からデビューまでのプロジェクト「G-EGG」に、「PRODUCE 101 JAPAN」(日プ)練習生だった林龍太、三井瞭、鈴木玄が参加することが決定した。

G-EGG公式Twitterの2020年1月5日のツイートによると、この3人を含む追加メンバー候補者全員に対して、ユナクPD(プロデューサー)によるオーディション・面談とMASAO先生によるダンスチェックを行って、G-EGG生オファーを決定したという。

また、オファーを出したものの、辞退した人もいたという。(もしかして、日プの終盤に辞退した元HALO韓国人メンバーの3人とか???)

Mnetで放送、視聴者投票と審査員評価でデビューメンバー決定、JO1とライバルに

これでG-EGG生は24名となった。視聴者投票と審査員たちの評価を合わせて勝ち残ったメンバーが最終的にデビューできる(モデルプレスの2019年11月8日付け記事を参照)。何人がデビューできるかは、まだ分からない。

デビュー時期は2020年春を目指しているというから(G-EGGの2020年1月7日のプレスリリースを参照)、「PRODUCE 101 JAPAN」を勝ち抜いた11人で結成されたJO1(ジェイオーワン)と、同じ時期になりそうだ。つまり、JO1とライバルになる。

G-EGGのデビュー決定までの道のりは、CS放送のMnetで放送される。第1話は2020年2月2日(日)18:30~19:30で、2話以降は毎週土曜日23:30~24:30に放送される。再放送は翌週木曜日の20:00~21:00と金曜深夜3:30~4:30だ。

新メンバー林龍太、三井瞭、鈴木玄の日プでの実績まとめ

「PRODUCE 101 JAPAN」を最初から毎回見ていた人なら覚えていると思うが、林龍太、三井瞭、鈴木玄の3人の日プ時代の実績をざっとまとめると、こんな感じだ。

林龍太(1996年7月23日生まれの23歳)は、アーティストや俳優としての活動歴があり、日プでは当初クラス分けからAクラスだった。特に、安定感抜群の優れた歌唱力が評価され、ポジションバトルではONE OK ROCK「Wherever you are」のメインボーカルを務めた。第1回順位発表式では18位だった。

グループバトルでも嵐の「Happiness」チームで再びメインボーカルを務めたが、当初兼任していたセンターを瀧澤翼に譲ったことが裏目に出たと思う。その結果、林龍太は第2回順位発表式で、上位35位に入れず脱落した。筆者は林龍太の脱落を残念に思ったから、G-EGGという新たな挑戦の場を得られて良かった。

三井瞭(1997年7月15日生まれの22歳)は、日プの当初クラス分けでは、白岩瑠姫(JO1)、本田康祐、浦野秀太と4人で組んだ「反逆のプリンス」チームで、Da-iCEの「FAKESHOW」のステージ・パフォーマンスをして、終了後感極まって泣いていたのが印象的だった。

ポジションバトルで三井瞭はラップ部門で可愛らしさと力強さで圧倒して1位に輝いた。第1回順位発表式では30位だった。しかし、グループバトルでは嵐の「Happiness」チームで埋没して、第2回順位発表式で35位以内に入れず脱落した。

鈴木玄(2000年9月4日生まれの19歳)は、日プの当初クラス分けで、瀧澤翼、大川澪哉と3人で組んだ「REBORNZ」チームで、やはりDa-iCEの「FAKESHOW」のパフォーマンスをした。その時、子役経験があると紹介されていた。

ポジションバトルではSuperflyの「タマシイレボリューション」のチームで、歌は結構上手だった。しかし、第1回順位発表式で60位以内に残れなかった。

日プでは国民プロデューサーつまり視聴者の投票で順位が決まり、脱落者が出た。しかし、G-EGG生に参加が認められたのは、現役プロのダンス・ボーカリストでもあるユナク(日本の愛知大学を卒業)の判断によるところが大きい。

林龍太、三井瞭、鈴木玄の3人は、既に発表されている21名のG-EGG生に合流し、24名(うち日本人名のメンバーが13名)で合宿も含め、切磋琢磨していくという(G-EGGの2020年1月7日のプレスリリース「2020年春デビュー!日本発のNEWプロジェクト  グローバルアイドル発掘×リアル成長ストーリー  G-EGG 新メンバー合流&テーマ曲MV公開」を参照)。

・G-EGG オフィシャル HP: https://www.global-egg.com


音楽ランキング

アーティスト・グループランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

*JO1イベント情報
2020年
2/1(土) 1stファンミーティング パシフィコ横浜 国立大ホール(開場13:00/開演14:00)
2/1(土) 1stファンミーティング パシフィコ横浜 国立大ホール(開場17:00/開演18:00)
2/19(水) 1stファンミーティング 大阪・オリックス劇場(開場18:00/開演19:00)
2/20(木) 1stファンミーティング 大阪・オリックス劇場(開場18:00/開演19:00)

商品情報

Yahoo!ショッピングPayPayモール: PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SHOPはこちら

*『PRODUCE 101 JAPAN』番組公式ファンブックの続編が2020年1月31日発売。コンセプトバトルからファイナルまでと、前作に収録しきれなかったオフショットを完全網羅。ファンブック独自の練習生全員分のプロフィールも(各課題での担当局、担当パートなどのデータを含め)掲載。


Amazon: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK PLUS [Amazon限定カバー Ver.](吉本ブックス) 2020/1/31
Amazon: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK PLUS (ヨシモトブックス) 2019/1/31
楽天ブックス: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK PLUS (ヨシモトブックス) 2019/1/31
セブンネット: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK PLUS 2020/2/1

*「PRODUCE 101 JAPAN」最終回のデビュー評価課題曲「YOUNG」「GrateMaster」と、ファイナリスト20人がステージで歌唱したいきものがかり水野良樹作の「さよなら青春-PRODUCE 101 JAPAN ver.」の3曲を収録した「PRODUCE 101 JAPAN – FINAL -Single」が2019年12月12日に配信リリース。

iTunes: PRODUCE 101 JAPAN - FINAL - Single - PRODUCE 101 JAPAN(2019/12/12)

Apple Music: PRODUCE 101 JAPAN - FINAL - Single

Amazon: PRODUCE 101 JAPAN - FINAL [デジタルミュージック配信] (PRODUCE 101 JAPAN) 2019/12/12
レコチョク: PRODUCE 101 JAPAN - FINAL (PRODUCE 101 JAPAN)
iTunes:YOUNG - PRODUCE 101 JAPAN

Apple Music: YOUNG - PRODUCE 101 JAPAN
iTunes:GrandMaster - PRODUCE 101 JAPAN

Apple Music: GrandMaster - PRODUCE 101 JAPAN
iTunes:さよなら青春 (PRODUCE 101 JAPAN ver.) - PRODUCE 101 JAPAN

Apple Music: さよなら青春 (PRODUCE 101 JAPAN ver.) - PRODUCE 101 JAPAN

*『PRODUCE 101 JAPAN』コンセプトバトルの課題の書き下ろし新曲5曲が、練習生のボーカルレコーディングで2019年11月29日(金)にデジタルミニアルバム「PRODUCE 101 JAPAN - 35 Boys 5 Concepts」として配信リリース。

iTunes:PRODUCE 101 JAPAN - 35 Boys 5 Concepts - EP - PRODUCE 101 JAPAN(2019/11/29)

Apple Music: PRODUCE 101 JAPAN - 35 Boys 5 Concepts - EP - PRODUCE 101 JAPAN

Amazon: PRODUCE 101 JAPAN - 35 Boys 5 Concepts [デジタルアルバム配信](Various Artists) 2019/11/29
レコチョク: PRODUCE 101 JAPAN - 35 Boys 5 Concepts (Various Artists)

個別の収録楽曲5曲は以下の通り。
「Happy Merry Christmas」
Houseジャンルの、クリスマスを連想させるハッピーなダンスナンバー。
練習生チーム: ハピメリ(白岩瑠姫、男澤直樹、床波志音、佐藤來良、磨田寛大、中本大賀、浦野秀太)
iTunes: Happy Merry Christmas - ハピメリ(2019/11/29)

Apple Music: Happy Merry Christmas - ハピメリ
レコチョク: Happy Merry Christmas (ハピメリ)

「やんちゃBOYやんちゃGIRL」
Retro houseジャンルで、聴いている人を爽やかな気分にさせる楽曲。
練習生チーム: バブリンチョ(宮島優心、今西正彦、北川玲叶、大平祥生、小松倖真、福地正、佐藤隆士)
iTunes: やんちゃBOY やんちゃGIRL - バブリンチョ(2019/11/29)

Apple Music: やんちゃBOY やんちゃGIRL - バブリンチョ
レコチョク: やんちゃBOY やんちゃGIRL (バブリンチョ)

「DOMINO」
EDMの下部ジャンルであるFuture Bassスタイルの曲で、Pluck Bassサウンドと印象的なメロディで力強さを感じさせる。
練習生チーム: ドレミファソラシドーミノ(川尻蓮、鶴房汐恩、豆原一成、川西拓実、チョン・ヨンフン、キム・ユンドン、河野純喜)
: DOMINO - ドレミファソラシドーミノ(2019/11/29)

Apple Music: DOMINO - ドレミファソラシドーミノ
レコチョク: DOMINO (ドレミファソラシドーミノ)

「Black Out」
お洒落で異国の雰囲気がするラテンベースのFuturePop。
練習生チーム: Black Out(キム・ヒチョン、大澤駿弥、安藤誠明、與那城奨、本田康祐、佐野文哉、金城碧海)
iTunes: Black Out - Black Out(2019/11/29)

Apple Music: Black Out - Black Out
レコチョク: Black Out (Black Out)

「KungChiKiTa(クンチキタ)」
トラップサウンドをベースにした強烈なDance Hip Hopの曲。
練習生チーム: クンチキタンポポ(上原潤、青木聖波、宮里龍斗志、岡野海斗、井上港人、木全翔也、佐藤景瑚)
iTunes: KungChiKiTa - クンチキタンポポ(2019/11/29)

Apple Music: KungChiKiTa - クンチキタンポポ
レコチョク: KungChiKiTa (クンチキタンポポ)

*サバイバル・オーディション『PRODUCE 101 JAPAN』のテーマ曲「ツカメ~It’s Coming~」が2019年9月3日に配信リリース。
iTunes:ツカメ~It's Coming~ - PRODUCE 101 JAPAN(2019/9/3)

Apple Music: ツカメ~It's Coming~ - PRODUCE 101 JAPAN

Amazon: ツカメ〜It's Coming〜[デジタルミュージック配信] (PRODUCE 101 JAPAN) 2019/9/3
レコチョク: ツカメ〜It's Coming〜 (PRODUCE 101 JAPAN)

Yahoo!ショッピングPayPayモール: PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SHOPはこちら

*『PRODUCE 101 JAPAN』番組公式ファンブックが2019年12月11日発売。約800枚に及ぶ全練習生(脱落者も含む)の素顔の写真を掲載。合宿先や練習所、ステージの舞台裏だからこそ垣間見える、練習生全員のリラックスした表情や、男同士の友情を感じられる瞬間など、番組では見られないオフショットをふんだんに盛り込んでいる。

Amazon: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK(仮) Amazon限定カバーVer. (ヨシモトブックス) 2019/12/11
Amazon: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK(仮) (ヨシモトブックス) 2019/12/11
楽天ブックス: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK 2019/12/11頃
セブンネット: PRODUCE 101 JAPAN FAN BOOK 2019/12/12

HMVジャパン

PRODUCE 101 JAPANの記事:

2020年1月6日付 JO1デビュー前なのに吉本興業はもう次のオーディション番組着手、日中ボーイズグループ結成へ
2020年1月4日付 JO1がABCマート×NIKEの広告モデルに決定、ソフトバンクに次いで広告契約
2019年12月31日付 JO1リーダーは與那城奨/ ファン戦慄!ジャニーズJr.プライベート流出当事者みうごんがJO1に関心/ 海外からもFC加入可能に
2019年12月27日付 『PROCUCE 101 JAPAN』ヨンフンもインスタで日本語メッセージ、JO1を応援するが元HALOの3人も応援したい
2019年12月26日付 JO1は韓国で猛練習とレコーディング/ JO1ファンミ受付開始/ ファンブック続編発売決定/キム・ユンドン日本語メッセージ
2019年12月21日付 JO1メンバーが韓国入り、空港で早くも激写されすっかり芸能人、韓国で合宿トレーニングの模様
2019年12月13日付 JO1白岩瑠姫のジャニーズJr.時代、川尻蓮の2019年6月21日『Mステ』山下智久ステージ
2019年12月12日付 『PRODUCE 101 JAPAN』責任者が韓国人辞退に言及、JO1の事務所は合弁、マネジメントは吉本、まずは国内で実力を
2019年12月12日付 『PRODUCE 101 JAPAN』JO1の11人が決定、初センター豆原一成で2020年春デビューシングル
2019年12月10日付 『PRODUCE 101 JAPAN』生放送中の投票はGYAO!のみ! アクセス集中に備え開始前からスタンバイを!/各自パフォーマンス動画
2019年12月9日付 『PRODUCE 101 JAPAN』辞退の韓国人3人の古巣HALOの曲がiTunes Kポランキング1位、TOP10に5曲、ファンは誰に投票?
2019年12月8日付 『PRODUCE 101 JAPAN』ファイナリスト20人は全員AもしくはBクラス出身、各自PICK ME動画を公開
2019年12月6日『PRODUCE 101 JAPAN』でヨンフンとユンドンが辞退、運営がSNSマナー注意、ファイナリスト20人決定
2019年12月4日付 『PRODUCE 101 JAPAN』課題曲がオリコンデジタルアルバム2位、35人の各自キャッチフレーズ入りフォト
2019年12月2日 付 『PRODUCE 101 JAPAN』最終回はTBSで12月11日(水)19時より幕張メッセから生中継、iTunesトップアルバム1位が続く
2019年11月29日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#10 コンセプトバトル② 意外な結果、女装企画でバラエティー力発揮
2019年11月29日付 『PRODUCE 101 JAPAN』コンセプトバトル課題曲配信スタート、iTunes日本トップアルバム・ランキング1位
2019年11月29日付 『PRODUCE 101 JAPAN』ヒチョン辞退の衝撃、アンチの中傷書き込みのせい? 『ヒチョン』がトレンド入り
2019年11月22日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#9 コンセプトバトル①、投票人数変更でTOP3豆原・川尻・鶴房以外は大変動
2019年11月16日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#8② コンセプトバトル準備開始/ ここだけの話、本田の小顔ローラー、鶴房・北川はまるで兄弟
2019年11月15日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#8① 第2回順位発表式―川西拓実、川尻蓮、鶴房汐恩、豆原一成が『四天王』、60人が35人に
2019年11月14日付 『PRODUCE 101 JAPAN』に元ジャニーズJr.も/ 今夜60人→35人に/ 韓国プデュのような不正は絶対なしで
2019年11月8日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#7 グループバトル②―1位は川西拓実・川尻蓮ら三代目JSB「RAISE THE FLAG」
2019年11月1日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#6 グループバトル①―チーム内1位は豆原一成、木全翔也、床波志音、オンライン1位は川西拓実
2019年10月25日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#5 第1回練習生順位発表式で60人に絞る、1位は川尻蓮、2位は豆原一成、3位は川西拓実
2019年10月18日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#4② ポジションバトル[3]―ボーカル総合1位に男澤直樹、ダンス総合1位に本田康祐
2019年10月18日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#4① ポジションバトル[2]―ラップ総合1位に三井瞭、曲単位1位に與那城奨、本田康祐、瀧澤翼
2019年10月12日 付 『PRODUCE 101 JAPAN』#3② ポジションバトル[1] ダンス1位に佐藤景瑚と今西正彦、歌の1位に男澤直樹
2019年10月12日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#3① 川西・宮島・鶴房Aクラス昇格、PVセンター投票で川尻決定、感動のPV撮影
2019年10月4日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#2 クラス替えに向けて猛練習、泣きだす者も/ 2週目順位、1位は岡山の高校生豆原一誠
2019年10月4日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#2 クラス分け③―上原潤C、川西拓実B、YouTuberはB、元プロ3人中2人A
2019年9月27日付 『PRODUCE 101 JAPAN』初回クラス分け②―元アーティスト林龍太はA、ラーメン王子大澤駿弥はD/ 第1週順位発表
2019年9月27日付 『PRODUCER 101 JAPAN』初回クラス分け①―川尻蓮と豆原一誠がAクラス、鶴房汐恩・安藤誠明らにも注目
2019年9月24日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生のガチンコマッスルバトル動画公開、投票はGYAO!で
2019年9月22日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生がファッションイベントで1人ずつ自己紹介/ 個別動画再生数の多い練習生
2019年9月17日付 『PRODUCE 101 JAPAN』個人ステージ動画視聴数で人気者が明らかに、現在トップはMVセンターの彼
2019年9月5日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生が1人ずつ自己PR動画を公開
2019年9月3日付 『PRODUCE 101 JAPAN』101人練習生がMV公開、初回放送はTBSで9月25日深夜

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-NIK/G-EGG
-, , , , , , , , ,

© 2020 ランダムビュー アソート