PRODUCE 101 JAPAN 音楽アーティスト

『PRODUCE 101 JAPAN』#3① 川西・宮島・鶴房Aクラス昇格、PVセンター投票で川尻決定、感動のPV撮影

スポンサードリンク

(目次)・TOP
実力と華のある川西拓実、宮島優心、鶴房汐恩がAクラスに昇格
Aクラスから脱落して泣く佐藤來良にもらい泣き・ハグするAクラスの友情が感動的
川尻蓮の盟友・大平祥生、キャラの濃い今西正彦らがBクラスに昇格
憧れのステージでのPVのセンターを投票で選び川尻に決定、感動のPV撮影

日本から世界に出て行くボーイズグループの11人を101人の練習生から選抜するサバイバル・オーディション「PRODUCE 101 JAPAN」のGYAO!の第3回が、2019年10月10日に3時間にわたって配信された。その後、7つの動画ファイルに分割された(すべて配信期限は2020年3月25日23:59)。
PRODUCE 101 JAPAN #3 Part.1(クラス分け再評価審査結果)
PRODUCE 101 JAPAN #3 Part.2(川尻・豆原らの上半身裸あり、「ツカメ」PV撮影まで)
PRODUCE 101 JAPAN #3 Part.3(第1回現場評価―ポジションバトルの導入部)
PRODUCE 101 JAPAN #3 Part.4(ポジションバトルのチーム編成)
PRODUCE 101 JAPAN #3 Part.5(ポジションバトル本番その1-BTS『DNA』)
PRODUCE 101 JAPAN #3 Part.6(ポジションバトル本番その2-ONE OK ROCK『Wherever you are』)
PRODUCE 101 JAPAN #3 Part.7(ポジションバトル本番その3- EXILE THE SECOND『WILD WILD WILD』)

第3回配信は、当初のクラス分けの再評価、つまりクラス替えの審査結果発表から始まった。3日間のトレーニングを経て、課題曲「ツカメ~It’s Coming~」を1人ずつ歌いながら踊る姿を撮影したビデオを、トレーナーの先生たちが協議しながら判定を下した。

各練習生は、裏に新クラスが書かれた二つ折りのカードを渡され、一斉に結果を見て、書かれているクラスの練習室に移動した。深夜まで猛練習したのに、上のクラスに上がれず、悔しくて泣いていた練習生も結構いた。

以下はクラス替えとなった練習生と、そのうち視聴者の注目度が高い者のコメントもしくは先生方の評価だ。A・B・C・D・Fの5つのクラスは、ダンスや歌などの先生による評価であり、デビューできるかどうかには直結しない。

デビューできるのは、視聴者(国民プロデューサー)投票による順位の上位11人だ。ただし、先生による評価も、視聴者の心証を左右する(投票は2019年10月18日(金)4:59AMまでにYahoo! IDでこちらから)。

実力と華のある川西拓実、宮島優心、鶴房汐恩がAクラスに昇格

今回Aクラスに昇格した川西拓実、宮島優心、鶴房汐恩の3人は、いずれもそれぞれ違ったタイプのイケメンで華があり、ダンスが上手だ。視聴者人気投票でも3人ともTOP10に入っており、既に人気がある。

川西拓実(かわにしたくみ、20):B→A

川西はダンスも歌も習った経験がないままこのオーディションに参加したが、目覚ましい上達ぶりだ。それでも、「自分は何もやってきてなかったので、本当にプレッシャーがすごくて。ちょっと…すごい緊張してます」と控えめに語っていた。

同じAクラスの木全翔也(きまたしょうや)は川西について、「自主練の時に、一緒に踊ってたりしたんですけど、すごいキレがあって…上手いんです」と語っていた。

宮島優心(みやじまゆうご、18):B→A

身長164cmと小柄な宮島は、当初のクラス分けテストで3人組プチメンとしてパフォーマンスし、カワイイと評判だった。3週目の視聴者人気投票順位は10位。再評価審査では、先生方から「声いいですね」「ダンスはね、頑張ってんの」「声が自然」と褒められていた。

Aクラス昇格で、宮島は「母親にすぐ伝えたいです。お母さん、Aになったよって」と喜んでいた。韓国ボーイズグループHALO(ヘイロ)の元メンバーのキム・ヒチョンは、宮島のことを「僕のワンピックでした、最初から。僕の目はやっぱり間違いじゃない」喜んでいた。

鶴房汐恩(つるぼうしおん、18):C→A

高校中退して韓国の事務所に入ったがデビューできず、退所してこのオーディションに参加。当初クラス分けテストでは、席決めで頂点の1位の席をゲットした。ステージで不愛想で、先生から「態度があまりよろしくない」と減点されてしまった。再評価審査ではA-NON先生が「芯が強いんですよね。持ってるものが…」、歌の菅井先生も「何かあるね。持ってたね、やっぱよかった」と褒めていた。

鶴房は、Aクラスに昇格して「元々Aの方の圧が怖いです」「嬉しいんですけど、一瞬でプレッシャーが押しかかって来ましたね」と述べた。寄宿舎で同部屋だったキム・ヒチョンとキム・ランドンから歓迎された。

Aクラスから脱落して泣く佐藤來良にもらい泣き・ハグするAクラスの友情が感動的

佐藤來良(さとうらいら、19):A→B

一方、当初のAクラスから1名、佐藤來良(さとうらいら)が再評価でAクラス不合格となってしまい、Bクラスに降格させられた。

歌は上手いがダンス経験に乏しく苦労していた佐藤來良は、再評価でAクラス不合格者にされてしまった。

佐藤はAクラスの練習室から出る時に泣いた。みんなが「頑張って」とハグし、川尻蓮やキム・ヒチョンはもらい泣きしていた。川尻は「來良はダンスが少し苦手で、経験もなくて。経験のある僕らが、もっと(助言)できることがあったんじゃないかって」と悔やんだ。Aクラスのみんなの優しさや深い友情が伝わってきた。

結果、Aクラスは以下の10人になった(カッコ内は3週目人気投票順位)。3週目の視聴者人気投票では、Aクラス全員が22位以内に入っていて、1位~6位は全員Aクラスだった。

川尻蓮(2位)、豆原一誠(いっせい、1位)、川西拓実(3位)、キム・ヒチョン(4位)、キム・ユンドン(6位)、鶴房汐恩(5位)、宮島優心(10位)、木全翔也(22位)、林翔太(21位)、佐藤景瑚(けいご、17位)。

川尻蓮の盟友・大平祥生、キャラの濃い今西正彦らがBクラスに昇格

C→B:
大平祥生(しょうせい)、上原潤、白岩瑠姫(るき)、菅野雅浩、中里空、床波志音、北岡謙人、井上港人(みなと)、中川勝就(かつなり)

大平祥生(しょうせい)は、当初クラス分けテストでは川尻蓮と同じ3人組UN Backersのメンバーだった。大平はCクラスからAクラスに上がりたかったが、結果はBクラスだったため、泣いた。

インタビューで、大平は涙を拭いながら「実力不足…仕方ないです。高校2年生の時、芸能界に行くって決めてから、親が何も言わず応援してくれてるんで。(女でひとつで育ててくれた母に)、晴れ舞台見させてあげたいです。死ぬ気でやりたいです。頑張ります」と述べた。

D→B:
大澤駿弥、佐々木真生(まお)

大学4年で就職内定をもらっていた大澤駿弥は、最初のクラス分けテストでは、Aクラスの林龍太と同じイケメン3人組のSMILE MAGICとしてAAAの曲のパフォーマンスをした。大澤が有名になったのは、9月3日に公開された1分間自己PRの動画で、ほぼずっと熱々のラーメンと食べていたからだ。

佐々木真生(まお)は、当初クラス分けテストでは現役大学生3人組DDDとして、SMAPの「SHAKE」のパフォーマンスをしたが、審査員からは不評だった。

F→B:
今西正彦、鈴木晨順(しんじゅん)、小山省吾

個性が面白いと話題の今西正彦(18)は、当初のクラス分けテストで、Perfumeのナンバーを、若干オネエっぽいが2歳半からやってきたワザを駆使した高速振り付けで踊った。しかし、歌は素人レベルで、F(Fail=落第)判定とされ、ステージ上で泣いた。トレーニングでは、ダンスで腰から動く癖を直せと先生に注意されていた。

今西は昇格後のインタビューで「自分がしたいことが出せてBやったから全然後悔ないし、この子が一番輝いてるなって思われたいです」と述べた。

鈴木晨順(しんじゅん、20)は当初のクラス分けテストでは、7人組アスリートBOYSとして荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」を踊ったものの、ダンス初心者と判断されていた。再評価審査時に、ダンスのA-NON先生は「おお、いいじゃん」、WARNER先生は「頑張ったよ」と褒めた。

いきなりBクラスに飛び級となり、鈴木は「開けた瞬間時が止まりました」「持ってる手がプルッと震えちゃって」と武者震いしていた。

小山省吾(19)は当初のクラス分けテストでは、全員武道の黒帯保有者の3人組black beltとして登場していた。再評価審査時にWARNER先生は「これ絶対Fじゃない、踊りは。踊り頑張ったね~。ダンスは飛び級かも」、A-NON先生も「すご~い」と褒めていた。

小山はBクラスへの飛び級に嬉し泣きした。インタビューで「結構びっくりしているところもあって。失敗してるところとか、声が出ないところとかあったんで」と述べた。

Cに昇格

D→C:
山本健太、畑顕矢、グチェレス・タケル、渡辺大貴、中本大賀
F→C:
福地正、安藤優

Cに降格

B→C:
山田恭、西山和貴、鈴木玄、稲吉ひかり、中西直樹、チョン・ヨンフン

韓国ボーイズグループHALO(ヘイロ)の元メンバーのチョン・ヨンフン(26)は、歌で評価を下げた。高音が出なくて、歌の安倉先生に「この子上が行かないんだよなあ」と指摘されていた。

この結果にヨンフンはインタビューで「一番上の兄貴のくせに、ちゃんとできないことが、ちょっと恥ずかしかったです」と述べた。Cクラスの新メンバーに、「もう終わった結果だから、今から頑張りましょう」と声をかけていた。

Dに昇格

F→D:
駒尺雄樹、中谷日向、米原尚平

Dに降格

B→D:
青木聖波、イ・ミンヒョク、五十畑颯斗、瀧澤翼、田中雄也、東郷良樹、西涼太郎、三井瞭、渡辺龍星
C→D:
井汲大翔、石井祐輝、岡野海斗、田口馨也

BからDに落ちた人気YouTuberのイ・ミンヒョクは、結果を見て泣いていた。後でインタビューで「ちょっと予想はしてなかった評価だったので、言葉が出なかったです。何も聞こえない、何も見えない状態になっちゃって。高音が出なかったので、下がるかなと思ってはいたんですが」「応援してくれてる人に申し訳ないです」と述べた。

ただし、歌の菅井先生は、イ・ミンヒョクが声帯を壊していたのを知っていたが、声が出ていたとしても、「Dぐらいでいいのかな」と評価していた。

Fに降格

B→F:
金城碧海、中野龍之介、大水陸渡、熊澤歩哉、草地稜之、寺師敬、木原汰一
C→F:
アルジャマ勇心、鈴木雅
D→F:
北川玲叶、山田聡、西野友也、安慶田真樹、岩崎琉斗

憧れのステージでのPVのセンターを投票で選び川尻に決定、感動のPV撮影

新クラスごとに「ツカメ~It’s Coming~」の歌とダンスの練習を重ね、憧れの「PRODUCE」シリーズ名物の大ステージで、衣装を着てクラスごとに固まって、「ツカメ~It’s Coming~」のPV(プロモーション・ビデオ)を撮影することになった。

何人もの練習生が、この大ステージに憧れていたと述べた。しかし、最下位のFクラスだけは、ステージに上ることは許されず、ステージ下でパフォーマンスをした。

本番撮影に先立ち、8月某日に、全員でのPVのステージパフォーマンスでのセンター、すなわちAクラスのセンターを誰が務めるかを、101人の練習生全員による投票で決めることになった。Aクラスの 1人ずつがセンターに立ってのパフォーマンスを撮影し、全員1人1票で投票した。

結果的に、川尻蓮が選ばれた。ちなみに、豆原一誠と宮島優心も候補者だった。

川尻がセンターと発表されると、Aクラスの仲間たちがハグして川尻を祝福した。また、川尻に投票した何人かの練習生のコメントから、川尻の歌・ダンスのレベルの高さに加え、川尻の人柄がいいこと、人望があることが明らかになった。

Aクラスの豆原一誠は川尻蓮について「ダンスも歌もきっちり正確に出てて、カッコよかったので、僕は1位にしました」と述べた。

Bクラスの本田康祐は川尻について「人柄も歌もダンスも、全部トップクラスだなと思ってたんです」と話した。

Fクラスの片上勇士は川尻について「個人的にダンスを教えてくれたんですけど、ダンスを教えるのもすごく上手で、いっぱい映ってほしいなっていう思いで投票しました」と述べた。

Fクラスの熊澤歩哉は川尻について「力強さもあって、安定してて、みんなを引っ張って行ってくれそうな方です」と語った。

いよいよ憧れの大ステージで衣装を着て「ツカメ~It’s Coming~」PVの撮影が終わり、韓国での合宿・撮影日程がすべて終了した。

川尻が「ここまで支えて頂いたスタッフの皆様、、練習生全員よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!」と呼びかけ、全員が「ありがとうございました!」と述べた。それから、練習生同士でハグしたり、感極まって涙ぐんだりしていて、とても感動的な光景だった。

その後、101人の練習生たちは合宿・撮影の場所を日本に移し、次の「ポジションバトル」の戦いに臨むことになった。


音楽ランキング

アーティスト・グループランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

*韓国Mnetのサバイバル・オーディション番組「PRODUCE X 101」の合格者11人で結成されたボーイズグループX1(活動期間は5年)が2019年8月27日(金)に韓国で発売した1stミニアルバム「飛翔: Quantum Leap」(「Flight Up: Quantum Leap」との表記のストアもある)は、全7曲(配信は全6曲)を収録。タイトル曲は「FLASH」で、「PRODUCE X 101」コンセプト評価曲「U GOT IT」「MOVE」などが収録され、テーマ曲「_ジマ」(X1バージョン)はCDにのみ収録。ミニアルバム「飛翔: Quantum Leap」のCDは「飛翔」(Flight Up)バージョンと「Quantum Leap」バージョンの2形態で販売され、スマホ専用アプリKIT Playerでのみ再生可能はKITアルバムも販売。アルバムカバーや封入物は、バージョン別デザインとなっている。


Amazon: Quantum Leap (輸入盤) (X1) 2019/9/4
Amazon: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album (X1) 2019/8/28以降
楽天市場: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album (X1) 2019/8/28以降
楽天ブックス: フライト・アップ:クウォンタム・リープ(1ST・ミニ・アルバム)(X1) 2019/8/31
TOWER RECORDS: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album ラインナップ (X1) 2019/8/30
TOWER RECORDS: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album 飛翔 ver. (X1) 2019/8/30
TOWER RECORDS: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album Quantum Leap ver. (X1) 2019/8/30
HMV&BOOKS: 1st Mini Album: 飛翔: Quantum Leap ラインナップ (X1) 2019/8/31icon
HMV&BOOKS: 1st Mini Album: 飛翔: Quantum Leap 飛翔 ver. (X1) 2019/8/31icon
セブンネット: Flight Up: Quantum Leap (X1) 2019/8/28
TSUTAYA: FLIGHT UP: QUANTUM LEAP (1ST MINI ALBUM) ラインナップ (X1) 2019/8/28
Neowing: Flight Up: Quantum Leap (1st Mini Album) [輸入盤] (X1) 2019/9/4
Yahoo!ショッピング: 飛翔: Quantum Leap ラインナップ (X1) 2019/8/28以降
デジタルミュージック配信
iTunes:QUANTUM LEAP - EP - X1

Apple Music: QUANTUM LEAP - EP - X1

Amazon: QUANTUM LEAP [デジタルミュージック配信] (X1) 2019/8/28
レコチョク: QUANTUM LEAP (X1)

X1の記事:

2019年9月5日付 『PRODUCE X 101』出身X1の『飛翔: Quantum Leap』が新人として史上最高初週売上、日本でも人気急上昇

*IZ*ONEの2019年9月25日発売の日本3rdシングル「Vampire」は、収録曲(カップリング曲)が異なるType A(CD+DVD)、Type B(CD+DVD)、IZ*ONE JAPAN OFFICIAL SHOP限定のWIZ*ONE盤(CDのみ)の3形態がある。さらに、WIZ*ONE盤にはグループジャケット盤1種(CDのみ、イベント特典あり)、メンバーソロジャケット盤12種(CDのみ、イベント特典なし)とCD-BOX盤1種(13CD、イベント特典あり)がある。Type A・Bの初回プレス分には特典として、生写真1枚(全12種からランダム1種)とイベント応募シートが封入される。


Amazon: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25
楽天市場: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25
楽天ブックス: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25
TOWER RECORDS: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25

HMVジャパン

PRODUCE 101 JAPANの記事:

2019年10月4日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#2 クラス替えに向けて猛練習、泣きだす者も/ 2週目順位、1位は岡山の高校生豆原一誠
2019年10月4日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#2 クラス分け③―上原潤C、川西拓実B、YouTuberはB、元プロ3人中2人A
2019年9月27日付 『PRODUCE 101 JAPAN』初回クラス分け②―元アーティスト林龍太はA、ラーメン王子大澤駿弥はD/ 第1週順位発表
2019年9月27日付 『PRODUCER 101 JAPAN』初回クラス分け①―川尻蓮と豆原一誠がAクラス、鶴房汐恩・安藤誠明らにも注目
2019年9月24日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生のガチンコマッスルバトル動画公開、投票はGYAO!で
2019年9月22日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生がファッションイベントで1人ずつ自己紹介/ 個別動画再生数の多い練習生
2019年9月17日付 『PRODUCE 101 JAPAN』個人ステージ動画視聴数で人気者が明らかに、現在トップはMVセンターの彼
2019年9月5日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生が1人ずつ自己PR動画を公開
2019年9月3日付 『PRODUCE 101 JAPAN』101人練習生がMV公開、初回放送はTBSで9月25日深夜

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-PRODUCE 101 JAPAN, 音楽アーティスト
-, , , , , , , , ,

Copyright© ランダムビュー アソート , 2019 All Rights Reserved.