PRODUCE 101 JAPAN 音楽アーティスト

『PRODUCE 101 JAPAN』#4② ポジションバトル[3]―ボーカル総合1位に男澤直樹、ダンス総合1位に本田康祐

スポンサードリンク

(目次)・TOP
back number『HAPPY BIRTHDAY』対決―最優秀ボーカルは床波志音
ボーカル部門総合1位は男澤直樹
SEVENTEEN『HIGHLIGHT』対決―1位は福地正、川尻蓮がまさかの2位
ダンス部門総合1位は本田康祐

日本から世界に羽ばたくボーイズグループのメンバー11人を101人の練習生から国民プロデューサー(視聴者)による投票で選出する「PRODUCE 101 JAPAN」のGYAO!の第4回分が、2019年10月17日に配信された。2時間半強にわたる配信だったが、その後6つの動画に分割された。
(動画配信期限はいずれも2020年3月25日23:59)
PRODUCE 101 JAPAN #4 Part.1(ポジションバトル本番その4-米津玄師『Lemon』)
PRODUCE 101 JAPAN #4 Part.2(ポジションバトル本番その5-Hey! Say! JUMP『OVER THE TOP』)
PRODUCE 101 JAPAN #4 Part.3(ポジションバトル本番その6- Superfly『タマシイレボリューション』)
PRODUCE 101 JAPAN #4 Part.4(ポジションバトル本番その7-ラップ課題曲・ラップ部門総合1位)
PRODUCE 101 JAPAN #4 Part.5(ポジションバトル本番その8-back number『HAPPY BIRTHDAY』・ボーカル部門総合1位)
PRODUCE 101 JAPAN #4 Part.6(ポジションバトル本番その9-SEVENTEEN『HIGHLIGHT』・ダンス部門総合1位)

「ポジションバトル」が終盤に差し掛かった。課題曲ごとに練習生たちは2チームに分かれて対決した。彼らのステージ・パフォーマンスを観客席で約500人の国民プロデューサー(視聴者)が審査して、1組・2組のうち良かったほうのチームに投票し、さらに各チームで最もよかったメンバーに投票した。

ボーナス加点として、課題曲ごとに勝利したチームに1,000票、課題曲ごとに1位となった練習生に3,000票、さらに歌・ラップ・ダンスの各部門の総合1位に1万票が与えられた。

back number『HAPPY BIRTHDAY』対決―最優秀ボーカルは床波志音

ボーカル部門の最後の課題曲はback numberの「HAPPY BIRTHDAY」だった。

1組のメインボーカル(センター)の床波志音は喉を壊し、本番2日前にようやく合流できた。木原汰一の高音パートの一部を床波に変更することになり、木原が泣いた。

2組はまとまりが悪く、苦労していた。安慶田真樹だけラップ志望だったがラップが既にいっぱいだったため、仕方なくボーカル部門に回っていて、モチベーションが低く当初勝手に練習を切り上げたりもしていた。自分が担当するソロの「2行に賭けます」と言った。他の4人はボーカル志望だった。

1組の本番では、全員長椅子に座って歌い始めた。床波の声がよく出ていて、安定感も抜群だった。

2組の本番の冒頭は安慶田以外が座って始めた。浦野秀太と西山和貴の声がよく出ていた。歌い終わりに、リーダー西山が涙ぐんでいた。

まずは個人順位が発表され、床波志音が1位となり、ボーナス点3,000票を獲得した。

その後、チーム対決で2組が勝利と発表され、2組の全員にボーナス点1,000点が付与された。2組のメンバーは嬉し泣きした。1組は茫然としていた。

1位 床波志音(1組) +3,000
2位 安慶田真樹(2組) +1,000
3位 浦野秀太(2組)+1,000
4位 岩崎琉斗(2組)+1,000
5位 西山和貴(2組)+1,000
6位 磨田寛大(2組)+1,000
7位 グチェレス・タケル(1組)
8位 北岡謙人(1組)
9位 木原汰一(1組)
10位 石井祐輝(1組)

ボーカル部門総合1位は男澤直樹

以上で、ボーカル部門の全4曲の課題曲の対決がすべて終了し、観客席の約500人の国民プロデューサーの票とボーナス点(各課題強ごとの勝利チーム全員に1,000票、各課題曲ごとの個人順位1位に3,000票)を加えて、ボーカル部門の総合順位を決定した。

当然ながら、各課題曲での対決時に勝利チームになって1,000票もしくは個人1位となって3,000票を獲得していないと、上位に行けない。

ボーカル部門総合順位1位は、ONE OK ROCK「Wherever you are」の対決で個人1位となった男澤直樹だった。男澤にはさらにボーナス点1万票が付与された。

男澤は少し嬉し泣きをして、「僕ずっとA(クラス)に上がれなくて悔しくで。ここで努力が報われたなと思います」と述べた。

以下が、ボーカル部門総合順位のTOP20だ。ボーナス点が加わる前の、純粋な観客席の約500人の国民プロデューサーの投票人数だけを見ると、男澤直樹が224票、床波志音が217票を得ており、この2人の得票数が突出していた。

ボーカル部門総合順位TOP20 総合票数(うちボーナス点)

1位 男澤直樹 14,224票 (+10,000, +3,000, +1,000)
2位 與那城奨 4,151票 (+3,000, +1,000)
3位 床波志音 3,217票 (+3,000)
4位 瀧澤翼 3,167票 (+3,000)
5位 中本大賀 1,125票 (+1,000)
6位 安慶田真樹 1,102票 (+1,000)
7位 安藤誠明 1,092票 (+1,000)
8位 鈴木玄 1,088票 (+1,000)
9位 浦野秀太 1,081票 (+1,000)
10位 岩崎琉斗 1,073票 (+1,000)
11位 宮里龍斗志 1,069票 (+1,000)
12位 大水陸渡 1,066票 (+1,000)
13位 佐藤隆士 1,062票 (+1,000)
14位 西山和貴 1,061票 (+1,000)
15位 河野純喜 1,054票 (+1,000)
15位 磨田寛大 1,054票 (+1,000)
17位 金城碧海 1,046票 (+1,000)
18位 林龍太 1,044票 (+1,000)
19位 イ・ミンヒョク 1,042票 (+1,000)
20位 秦健豪 1,034票 (+1,000)

SEVENTEEN『HIGHLIGHT』対決―1位は福地正、川尻蓮がまさかの2位

ダンス部門の最後の課題曲はSEVENTEEN「HIGHLIGHT」で、BTSの「DNA」に次ぐ人気曲だった。

1組は「ツカメ ~It’s Coming~」PVでセンターを務めた川尻蓮が編成者としてメンバーを集めたドリーム・チームで、6人のうち川尻、宮島優心 木全翔也の3人がAクラスという、ハイレベルで人気者の多いチームだった。

川尻がリーダーとセンターを務め、振付も担当した。ただ、ハイレベルなダンスであっても、振付が似たようなパターンだと見飽きられる、とトレーナーのWARNER先生に指摘されていた。

2組は川尻とは互いによく知っている仲の佐野文哉がセンターを務め、構成・振付も担当した。川尻へのライバル心に燃えていた。

本番は両チームとも歌は後録りで、もちろん日本語詞バージョンだった。

1組の本番は、ダンスがさすが精鋭だけあって、めちゃめちゃカッコよく、観客から大歓声を浴びていた。

2組はアクロバティックな動きも採り入れて、ダイナミックなダンスを展開し、腰を使ったセクシーな振りもあった。終わると挨拶の際に古屋亮人が涙ぐんでいた。

まずは個人順位が発表され、1位は2組のCクラスの福地正(しょう)で、2位が1組のAクラスのエースの川尻蓮だった。福地は嬉し泣きした。課題曲ごとの個人1位のボーナス点3,000票が、福地に付与された。

その後チーム対決の結果が発表され、1組が勝利した。1組全員にボーナス点1,000票が付与された。

1位 福地正(2組) +3,000
2位 川尻蓮(1組) +1,000
3位 古屋亮人(2組)
4位 木全翔也(1組)+1,000
5位 宮島優心(1組)+1,000
6位 大平祥生(1組)+1,000
7位 佐野文哉(2組)
8位 田口馨也(2組)
9位 中林登生(1組)+1,000
10位 駒尺雄樹(2組)
11位 西涼太郎(2組)
12位 中里空(1組)+1,000

ダンス部門総合1位は本田康祐

ダンス部門の4曲の課題曲対決がすべて終了し、観客席の国民プロデューサー約500人の投票分に、各曲の勝利チームのボーナス点1,000票と、各曲の個人1位のボーナス点3,000票を加えた総合順位が発表された。

当然ながら、個人もしくはチームでボーナス点を獲得した者が総合でも上位に来る。

1位はHey! Say! JUMP「OVER THE TOP」で個人1位およびチーム勝利だった本田康祐で、本田にはさらにダンス部門総合1位のボーナス点の1万票が付与された。本田は「報われたなって気持ちです」と述べた。

ステージを降りた後、本田の苦労をよく知っていた川尻蓮が、本田に駆け寄って嬉し泣きしていた。

以下がダンス部門の、観客席の国民プロデューサー約500人の投票分に、各曲の勝利チームのボーナス点1,000票と、各曲の個人1位のボーナス点3,000票、およびダンス部門1位の1万票を加えた総合順位のTOP20だ。

なお、ボーナス点が加わる前の国民プロデューサー約500人の投票分だけでは、トップが本田康祐の230票で、次点が福地正の178票だった。

ダンス部門総合順位TOP20 合計得票数(うちボーナス分)

1位 本田康祐 14,230票 (+10,000, +3,000, +1,000)
2位 今西正彦 4,120票 (+3,000, +1,000)
3位 福地正 3,178票 (+3,000)
4位 佐藤景瑚 3,141票 (+3,000)
5位 川尻蓮 1,138票 (+1,000)
6位 青木聖波 1,117票 (+1,000)
7位 キム・ユンドン 1,095票 (+1,000)
8位 川西拓実 1,093票 (+1,000)
9位 木全翔也 1,089票 (+1,000)
10位 安藤優 1,078票 (+1,000)
11位 キム・ヒチョン 1,076票 (+1,000)
12位 宮島優心 1,069票 (+1,000)
13位 豆原一成 1,068票 (+1,000)
14位 白岩瑠姫 1,059票 (+1,000)
15位 中野龍之介 1,058票 (+1,000)
16位 大平祥生 1,056票 (+1,000)
17位 東郷良樹 1,047票 (+1,000)
18位 草地稜之 1,033票 (+1,000)
18位 黒川竜聖 1,033票 (+1,000)
20位 中林登生 1,018票 (+1,000)


音楽ランキング

アーティスト・グループランキング
にほんブログ村 音楽ブログ ミュージシャン応援へ
にほんブログ村

*韓国Mnetのサバイバル・オーディション番組「PRODUCE X 101」の合格者11人で結成されたボーイズグループX1(活動期間は5年)が2019年8月27日(金)に韓国で発売した1stミニアルバム「飛翔: Quantum Leap」(「Flight Up: Quantum Leap」との表記のストアもある)は、全7曲(配信は全6曲)を収録。タイトル曲は「FLASH」で、「PRODUCE X 101」コンセプト評価曲「U GOT IT」「MOVE」などが収録され、テーマ曲「_ジマ」(X1バージョン)はCDにのみ収録。ミニアルバム「飛翔: Quantum Leap」のCDは「飛翔」(Flight Up)バージョンと「Quantum Leap」バージョンの2形態で販売され、スマホ専用アプリKIT Playerでのみ再生可能はKITアルバムも販売。アルバムカバーや封入物は、バージョン別デザインとなっている。


Amazon: Quantum Leap (輸入盤) (X1) 2019/9/4
Amazon: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album (X1) 2019/8/28以降
楽天市場: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album (X1) 2019/8/28以降
楽天ブックス: フライト・アップ:クウォンタム・リープ(1ST・ミニ・アルバム)(X1) 2019/8/31
TOWER RECORDS: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album ラインナップ (X1) 2019/8/30
TOWER RECORDS: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album 飛翔 ver. (X1) 2019/8/30
TOWER RECORDS: 飛翔: Quantum Leap: 1st Mini Album Quantum Leap ver. (X1) 2019/8/30
HMV&BOOKS: 1st Mini Album: 飛翔: Quantum Leap ラインナップ (X1) 2019/8/31icon
HMV&BOOKS: 1st Mini Album: 飛翔: Quantum Leap 飛翔 ver. (X1) 2019/8/31icon
セブンネット: Flight Up: Quantum Leap (X1) 2019/8/28
TSUTAYA: FLIGHT UP: QUANTUM LEAP (1ST MINI ALBUM) ラインナップ (X1) 2019/8/28
Neowing: Flight Up: Quantum Leap (1st Mini Album) [輸入盤] (X1) 2019/9/4
Yahoo!ショッピング: 飛翔: Quantum Leap ラインナップ (X1) 2019/8/28以降
デジタルミュージック配信
iTunes:QUANTUM LEAP - EP - X1

Apple Music: QUANTUM LEAP - EP - X1

Amazon: QUANTUM LEAP [デジタルミュージック配信] (X1) 2019/8/28
レコチョク: QUANTUM LEAP (X1)

X1の記事:

2019年9月5日付 『PRODUCE X 101』出身X1の『飛翔: Quantum Leap』が新人として史上最高初週売上、日本でも人気急上昇

*IZ*ONEの2019年9月25日発売の日本3rdシングル「Vampire」は、収録曲(カップリング曲)が異なるType A(CD+DVD)、Type B(CD+DVD)、IZ*ONE JAPAN OFFICIAL SHOP限定のWIZ*ONE盤(CDのみ)の3形態がある。さらに、WIZ*ONE盤にはグループジャケット盤1種(CDのみ、イベント特典あり)、メンバーソロジャケット盤12種(CDのみ、イベント特典なし)とCD-BOX盤1種(13CD、イベント特典あり)がある。Type A・Bの初回プレス分には特典として、生写真1枚(全12種からランダム1種)とイベント応募シートが封入される。


Amazon: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25
楽天市場: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25
楽天ブックス: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25
TOWER RECORDS: Vampire ラインナップ (IZ*ONE) 2019/9/25

HMVジャパン

PRODUCE 101 JAPANの記事:

2019年10月18日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#4① ポジションバトル[2]―ラップ総合1位に三井瞭、曲単位1位に與那城奨、本田康祐、瀧澤翼
2019年10月12日 付 『PRODUCE 101 JAPAN』#3② ポジションバトル[1] ダンス1位に佐藤景瑚と今西正彦、歌の1位に男澤直樹
2019年10月12日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#3① 川西・宮島・鶴房Aクラス昇格、PVセンター投票で川尻決定、感動のPV撮影
2019年10月4日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#2 クラス替えに向けて猛練習、泣きだす者も/ 2週目順位、1位は岡山の高校生豆原一誠
2019年10月4日付 『PRODUCE 101 JAPAN』#2 クラス分け③―上原潤C、川西拓実B、YouTuberはB、元プロ3人中2人A
2019年9月27日付 『PRODUCE 101 JAPAN』初回クラス分け②―元アーティスト林龍太はA、ラーメン王子大澤駿弥はD/ 第1週順位発表
2019年9月27日付 『PRODUCER 101 JAPAN』初回クラス分け①―川尻蓮と豆原一誠がAクラス、鶴房汐恩・安藤誠明らにも注目
2019年9月24日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生のガチンコマッスルバトル動画公開、投票はGYAO!で
2019年9月22日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生がファッションイベントで1人ずつ自己紹介/ 個別動画再生数の多い練習生
2019年9月17日付 『PRODUCE 101 JAPAN』個人ステージ動画視聴数で人気者が明らかに、現在トップはMVセンターの彼
2019年9月5日付 『PRODUCE 101 JAPAN』練習生が1人ずつ自己PR動画を公開
2019年9月3日付 『PRODUCE 101 JAPAN』101人練習生がMV公開、初回放送はTBSで9月25日深夜

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-PRODUCE 101 JAPAN, 音楽アーティスト
-, , , , , ,

Copyright© ランダムビュー アソート , 2019 All Rights Reserved.