ME:I/ PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS

『日プ女子』#10―第3回順位発表でファイナリスト20人決定、1位は笠原桃奈、順位大変動

スポンサードリンク

(目次)・TOP
第3回順位発表で35人中15人が脱落、20人のファイナリスト決定、2 pickになって順位が大変動

サバイバル・オーディション「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」(日プ女子、日プガールズ)の第10話が2023年12月7日(木)21時よりLeminoで無料配信された。今回は第3回順位発表で15人が脱落し、20人のファイナリストが決定したところから、ファイナルの2チーム編成と練習までが描かれた。

デビューメンバーが決まるファイナルは、2023年12月16日(土)の午後2時からTBSで全国ネットで生放送され、Leminoでも生配信される。

最後の視聴者投票が始まった。ここからは、1日1人のみに投票可能となる。また、ファイナルの生放送中も投票が実施され、そこでの1票は2倍のカウントとなる。

第3回順位発表で35人中15人が脱落、20人のファイナリスト決定、2 pickになって順位が大変動

第3回順位発表では、練習生35人中15人が脱落し、20人のファイナリストが選出されたが、1日に投票できる練習生がその前の期間の11人から2人(2 pick)に変更になったため、順位の大変動が生じた。

そんな中で、今回1位争いがオールラウンダーの笠原桃奈と櫻井美羽になったことには、違和感はない。筆者個人的には、このオーディションの「顔」となるメンバーが、インタビューが集中する最終1位になるべきと思っている。今のところの印象では、願望も含めて、最終1位の可能性があるのは、笠原桃奈、櫻井美羽、石井蘭あたりではないかと思っている。

11人グループだったら入れてもらえても、個々の視聴者のTOP2に選ばれにくかったのは、実力はあってもステージで目立たなかったか、あるいは個性に乏しかった練習生と思われる。残念ながら、これに当てはまったとみられたのが、今回順位を大きく下げた山本すず(8週目5位→14位)、加藤心(2位→8位)、剱持菜乃(9位→15位)あたりだった。

逆に、個人人気が強い、もしくはステージで目立った練習生は、順位を大きく上げた。これに当てはまったのが、村上璃杏(17位→3位)、佐々木心菜(11位→7位)、飯田栞月(20位→10位)あたりと思われる。なお、正確な順位は覚えていないが、この3人は、大きく順位を上げたとのスポ(情報漏洩とみられる)がSNSで出回っていたので、3人の今回の順位には、特に驚かなかった。

もっとも、最後の投票期間は1日に1人にしか投票できない1 pick制になり、ファイナルの本番放送中の投票は2倍カウントになるので、最後の順位もかなりの変動があると思われる。ファイナル直前に中間順位発表があったり、スポが出たりした場合は、救済票が動くから尚更で、阿鼻叫喚の大変動もあり得る。

今回3位の村上璃杏は、2 pickで強くても、1 pickではそれほど強くない可能性がある。それでも、個性派ラッパーとして魅力があるので、デビューできる可能性が以前より高くなったことは間違いないだろうし、筆者個人的にもデビューメンバーに入って欲しいと思う。

また、筆者個人的には、デビューメンバーには歌唱力の高いメンバーが2~3人は入って欲しいと思っている。たとえば、高見文寧、海老原鼓、飯田栞月、坂口梨乃あたりだ。

図表1 第3回順位発表の結果(残留したTOP20、↑↓は前回・8週目からの順位変化)

1位 笠原桃奈(20、神奈川)65万0,828票↑前回3位 元アンジュルム
2位 櫻井美羽(21、愛知)48万1,838票↑前回4位 元HYBE練習生、ニジプロ、ガルプラ
3位 村上璃杏(17、岡山)48万1,635票↑前回17位 ラップポジション、個性的
4位 石井蘭(19、埼玉)40万0,320票↓前回1位 元LDH Girls2
5位 高見文寧(18、岩田)39万6,945票↑前回6位 メインボーカル級
6位 海老原鼓(16、神奈川)37万1,393票↑前回7位 メインボーカル級
7位 佐々木心菜(17、三重)34万1,153票↑前回11位 未経験、アイドルオーラ
8位 加藤心(23、愛知)29万2,933票↓前回2位 元Cherry Bullet
9位 会田凜(17、福島)28万3,766票↑前回10位 ダンスポジション
10位 飯田栞月(19、東京)27万3,263票 ↑前回20位 クラシック声楽
11位 清水恵子(18、愛知)26万5,607票↓前回8位 ラップポジション、個性的

12位 坂口梨乃(20、神奈川)25万6,286票↑前回18位 ボーカルポジション
13位 高畠百加(19、東京)21万9,063票 →前回13位 ラップ/ボーカルポジション
14位 山本すず(16、東京)21万8,904票↓前回5位 元韓国事務所練習生
15位 剱持菜乃(22、新潟)21万3,005票↓前回9位 ダンスポジション
16位 田中優希(19、神奈川)21万0,065票↑前回19位 ダンスポジション
17位 田中琴(18、愛知)20万0,105票↓前回16位 ダンスポジション
18位 北里理桜(19、福岡)19万1,943票↑前回24位 ダンスポジション
19位 桜庭遥花(17、北海道) 17万5,250票↑前回33位 ボーカルポジション
20位 加藤神楽(18、大阪)16万4,123票↑32位 Fクラスからスタート

次点: 斉藤芹菜、荒牧深愛、阿部和


K-POPランキング

音楽(J-POP)ランキング

アーティスト・グループランキング
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

商品情報(PR)

*「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」のコンセプト評価での課題曲5曲を収録したデジタルアルバム「35 GIRLS 5 CONCEPTS」が2023年12月1日配信リリース。

Amazon: 35 GIRLS 5 CONCEPTS (PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS) 2023/12/1
Apple Music/ iTunes: 35 GIRLS 5 CONCEPTS - EP (PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS) 2023/12/1
レコチョク: 35 GIRLS 5 CONCEPTS (PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS) 2023/12/1
amazon music
App Icon Apple Music
Apple Music

*「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK」が2023年12月14日発売。

Amazon: PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK Amazon限定カバーVer. 2023/12/14
Amazon: PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK 2023/12/14
楽天ブックス: PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK 2023/12/14

[PR]


amazon タイムセール

「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」の記事:

2023年12月1日付 『日プ女子』#9―コンセプト評価、1位は『&ME』チーム、チーム内1位は海老原鼓
2023年11月24日付 『日プ女子』#8―第3回順位発表、1位は石井蘭、安泰はTOP4くらいまでか、次回大変動も
2023年11月23日付 『日プ女子』#7-ポジション評価後半―ちゃんみなサプライズ登場/ ポジション1位は清水恵子、高畠百加、石井蘭
2023年11月10日付 『日プ女子』#6-ポジション評価前半: 凄い歌唱力は安藤佑唯、海老原鼓、飯田栞月、ダンスカリスマは荒巻深愛、田中優希
2023年11月2日付 『日プ女子』#5―第1回順位発表で50人残留、1位は笠原桃奈、2位は加藤心、1~6位の顔ぶれに違和感なし
2023年10月27日付 『日プ女子』#4―グループ評価で海老原鼓・高見文寧が現場1・2位/ 木村カエラと仲宗根梨乃の胸を打つ言葉
2023年10月24日付 『日プ女子』#3―レベル再評価大変動、グループ評価で見つかった子もいるが、高見文寧と佐々木つくしが圧倒的
2023年10月14日付 『日プ女子』#2―当初Aクラス判定12人、暫定順位1位は山本すず、2位は加藤心、3位は海老原鼓
2023年10月6日付 『日プ女子』#1-面白い!エースは櫻井美羽・山本すず、歌は海老原鼓・高見文寧、ダンス小田有葉、アイドル佐々木心菜
2023年9月28日付 日プ女子・櫻井美羽が『NewJeansのデビュー組にいて、一緒に練習をしてきました』で波紋
2023年8月17日付 日プ女子、10月5日(木)よりLeminoで無料配信、ファイナルはTBS生放送決定、ライバルはNiziU
2023年4月20日付 日プ女子(日プ3)正式発表、4月24日より応募―市場的にはいいタイミングだがLAPONE運営は手が回るのか
2023年4月19日付  JO1が韓国釜山『2023 DREAM CONCERT』出演決定/ 日プ3(女子)今年後半開催見込み(韓国報道)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ME:I/ PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS
-, , , , , ,