ME:I/ PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS

『日プ女子』#9―コンセプト評価、1位は『&ME』チーム、チーム内1位は海老原鼓

スポンサードリンク

(目次)・TOP
コンセプト評価の5チームの練習と本番―移動のドラマ、脚光を浴びたメンバー
商品情報(PR)

サバイバル・オーディション「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」の第9話が2023年11月30日(木)21時よりLeminoで無料配信され、コンセプト評価の5チーム対決のチーム再編、練習から本番・結果発表までが描かれた。番組生配信終了後、各チームの練習生がレコーディングしたコンセプト評価の課題曲5曲が、配信リリースされた(下記商品情報(PR)を参照)。

韓国で開催されたコンセプト評価の本番では、日本からのみならず、他のいろんな国の視聴者が“グローバル・プロデューサー”として参加し、現場で5チームの本番ステージを観て、一番良かったチームの一番良かったメンバーのBOXにリストバンドを投函するというやり方で投票した。

結果、1位となったのは「&ME」チームで、チーム内1位はメインボーカルとして圧倒的歌唱力を発揮した海老原鼓だった。チームメンバー7人には、合計25万票のベネフィットが、1位の海老原鼓は10万票の加算、2位の櫻井美羽は5万票の加算、というふうに順位に応じて傾斜配分され、7位の田中琴はベネフィットなしだった。

図表1 コンセプト評価現場投票のチーム順位

1位 &ME 152票
2位 TOXIC 143票
3位 小悪魔 67票
3位 A to Z 67票
5位 Popcorn 59票

図表2 現場投票で1位となった&MEチームでの個人順位とベネフィット

1位 海老原鼓 36票 +10万票
2位 櫻井美羽 35票 +5万票
3位 笠原桃奈 32票 +4万票
4位 加藤心 18票 +2万5,000票
4位 山本すず 18票 +2万5,000票
6位 会田凜 7票 +1万票
7位 田中琴 6票 ベネフィットなし

「&ME」と「TOXIC」は順位の高い練習生が多いから、他のチームとはかけ離れた票数を集めたのはある意味当然だった。筆者個人的には、海老原鼓と高見文寧は、デビューグループのメインボーカル・コンビになってほしいと思った。高畠百加のラップも良かった。映る尺の分量が、佐々木心菜や田中優希に手厚かった。

次回は第3回順位発表で、35人がファイナリスト20人に絞られる。投票締切りのタイミングを考えると、今回のコンセプトバトルの本番の影響は、あまり反映できず、むしろその前のポジションバトルの影響を引きずった結果になる可能性もある。

なお、櫻井美羽と桜庭遥花は、遅刻などのルール違反によるペナルティが一定水準に達して、一時的に「推しカメラ」の配信停止処分となったことが、視聴者投票に影響したか否かも、注目されるかもしれない。だが、2ピックになったので、少なくとも1ピックに選んでくれるファンが多そうな櫻井美羽に関しては、大きな影響はなかったと思われる。

コンセプト評価の5チームの練習と本番―移動のドラマ、脚光を浴びたメンバー

第2回順位発表を経て、各チームには過不足が生じていて、チーム内投票により、「TOXIC」チームから松下実夢、荒牧深愛、日髙葉月が、「&ME」チームから村上璃杏が放出された。そのうち、希望により、松下実夢と村上璃杏は「A to Z」チームに、荒牧深愛と日髙葉月は「Popcorn」チームに移動し、いずれも温かく迎えられた。

「小悪魔 (Baddie)」チームは、センターの秋山愛が脱落してしまい、川畑蘭華が一旦センターに決まったものの、結局須谷緩がセンターということに落ち着いた。セクシーだけではない、遊び心を入れたコンセプトで勝負することになった。本番ではトップバッターを務め、上手くこなした。

#9 ハイライト┊小悪魔 (Baddie) [コンセプトバトル](4分37秒)

「A to Z」チームでは、移動で新たに松下実夢と村上璃杏が加わった。リーダーの八田芽奈が担当していたラッパーのポジションを村上璃杏が希望し、実演を見てもらって村上璃杏に決定。八田芽奈はボーカルの音程取りに苦戦し、レコーディングで他のメンバーよりもかなり時間がかかった。本番では、村上璃杏のラップが上手で、しかも目立っていて良かった。八田芽奈も存在感があった。

#9 ハイライト┊AtoZ [コンセプトバトル](3分52秒)

「&ME」チームは、1人余剰だったので、チーム内投票を行い、村上璃杏が放出された。高い順位のメンバーが多く、元々加藤心がセンターだったが、田中琴と山本すずがセンター・ポジションを望んだので、小悪魔チームにも協力してもらって、センター決めを行ったが、結局、加藤心がセンターのポジションにとどまることになった。

田中琴が本番4日前に発熱して練習に出られなくなった。前日リハーサルでも本調子ではなかった。白いミニスカートの衣装で臨んだ本番では、海老原鼓のメインボーカルが素晴らしかった。

#9 ハイライト┊&ME [コンセプトバトル](3分50秒)

「Popcorn」チームは、合流した荒牧深愛と日髙葉月が、チームになかなか馴染めなかった。青山テルマのボーカル・レッスン中に荒牧深愛が泣きだし、青山テルマに「心も成長してほしい」と言われた。

斉藤芹菜がセンターを務め、メインボーカルは北爪さくら、リーダーは中野心結だった。みんなで話し合ってようやく心が1つにまとまった。仲宗根梨乃がチームを外に連れ出し、芝生の上でのレッスンになった。前日リハーサルではセンター・斉藤芹菜が腰を痛めていて、決まった振りを踊れなかった。しかし、本番では全員良い笑顔で弾けた。パフォーマンス後にリーダーの中野心結が英語で観客に話しかけた。

#9 ハイライト┊Popcorn [コンセプトバトル](4分5秒)

「TOXIC」チームは、チーム内投票で3人が放出され、再編成の際にポジションを見直した、田中優希がリーダーに就任。高畠百加がやっと念願のラップを担当できた。ラップポジションは2つあり、佐々木つくしと田中優希もラップを希望したが、佐々木つくしがラップを担当することになった。

三重県の田舎で育った佐々木心菜はオーディション前に歌もダンスも習ったことがなかった。佐々木心菜は石井蘭からダンスのアドバイスをもらい、佐々木つくしにも指導してもらった。坂口梨乃にはボーカルを指導してもらった。

佐々木心菜はレコーディングで、セクシーに歌わなければならないのにピュアな高校生の歌のように聞こえる、とダメ出しされていた。ダンスでも佐々木心菜はセクシーな表情が出せず苦戦し、トレーナーの仲宗根梨乃に、照れをやめるように注意された。

一方、田中優希は歌でのセクシーな表現に苦戦し、宿舎の部屋で上手くできないと泣いていた。

黒衣装で臨んだ本番ステージでは、高見文寧の高音ボーカルが上手だった。佐々木心菜はセクシーな表現ができるようになった。石井蘭、田中優希、高畠百加も存在感があった。

#9 ハイライト┊TOXIC [コンセプトバトル](4分18秒)


K-POPランキング

音楽(J-POP)ランキング

アーティスト・グループランキング
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

商品情報(PR)

*「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」のコンセプト評価での課題曲5曲を収録したデジタルアルバム「35 GIRLS 5 CONCEPTS」が2023年12月1日配信リリース。

Amazon: 35 GIRLS 5 CONCEPTS (PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS) 2023/12/1
Apple Music/ iTunes: 35 GIRLS 5 CONCEPTS - EP (PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS) 2023/12/1
レコチョク: 35 GIRLS 5 CONCEPTS (PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS) 2023/12/1
amazon music
App Icon Apple Music
Apple Music

*「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK」が2023年12月14日発売。

Amazon: PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK Amazon限定カバーVer. 2023/12/14
Amazon: PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK 2023/12/14
楽天ブックス: PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK 2023/12/14

[PR]


amazon タイムセール

「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」の記事:

2023年11月24日付 『日プ女子』#8―第3回順位発表、1位は石井蘭、安泰はTOP4くらいまでか、次回大変動も
2023年11月23日付 『日プ女子』#7-ポジション評価後半―ちゃんみなサプライズ登場/ ポジション1位は清水恵子、高畠百加、石井蘭
2023年11月10日付 『日プ女子』#6-ポジション評価前半: 凄い歌唱力は安藤佑唯、海老原鼓、飯田栞月、ダンスカリスマは荒巻深愛、田中優希
2023年11月2日付 『日プ女子』#5―第1回順位発表で50人残留、1位は笠原桃奈、2位は加藤心、1~6位の顔ぶれに違和感なし
2023年10月27日付 『日プ女子』#4―グループ評価で海老原鼓・高見文寧が現場1・2位/ 木村カエラと仲宗根梨乃の胸を打つ言葉
2023年10月24日付 『日プ女子』#3―レベル再評価大変動、グループ評価で見つかった子もいるが、高見文寧と佐々木つくしが圧倒的
2023年10月14日付 『日プ女子』#2―当初Aクラス判定12人、暫定順位1位は山本すず、2位は加藤心、3位は海老原鼓
2023年10月6日付 『日プ女子』#1-面白い!エースは櫻井美羽・山本すず、歌は海老原鼓・高見文寧、ダンス小田有葉、アイドル佐々木心菜
2023年9月28日付 日プ女子・櫻井美羽が『NewJeansのデビュー組にいて、一緒に練習をしてきました』で波紋
2023年8月17日付 日プ女子、10月5日(木)よりLeminoで無料配信、ファイナルはTBS生放送決定、ライバルはNiziU
2023年4月20日付 日プ女子(日プ3)正式発表、4月24日より応募―市場的にはいいタイミングだがLAPONE運営は手が回るのか
2023年4月19日付  JO1が韓国釜山『2023 DREAM CONCERT』出演決定/ 日プ3(女子)今年後半開催見込み(韓国報道)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ME:I/ PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS
-, , , , , , , ,