宇多田ヒカル

「プロフェッショナル 仕事の流儀」で改めて宇多田ヒカルの凄さ、ラジオで息子の話

投稿日:

スポンサードリンク

7月16日のNHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀 『宇多田ヒカル スペシャル』」は、超一流アーティスト・宇多田ヒカルの楽興制作やレコーディングのシーンや本人の貴重なコメントがあって、とても意義深く観応えがあった。

宇多田はメロディー作り、作曲、作詞、楽器編成、バンドやオーケストラなどの旋律やリズムや弾き方に至るまで、全ての設計を自ら行っている。全てを1人で作ることに長年こだわり続けてきた稀有なアーティストだ。

シンガーソングライターと言っても、たとえば作詞作曲は自らが行うが編曲は他のミュージシャンに参加してもらう人もいて、作品の幅を広げ、ワンパターンに陥いるリスクを回避している。宇多田のように、全部1人で楽曲制作を完成させても、曲の多様性やみずみずしい感性を維持し続けているのは、才能というしかない。

超一流ミュージシャンの宇多田だから、2018年6月27日発売のアルバム「初恋」のレコーディングには、ヨーロッパ各地から超一流ミュージシャンが集結した。彼らは宇多田がパソコンで制作した仮歌入りのデモ音源を聴きながらレコーディングを行ったが、まだメロディーや歌詞が完成していない楽曲もあった。

前述のように、宇多田は音楽の全てを自分が作るのが基本だが、今回のアルバムの中の1曲は、メロディーに未完の部分があり、各ミュージシャンの感性に委ねて演奏してもらった。それでも、彼らが奏でた音は、まさに宇多田が脳内で見えていた風景そのものを表していたという。

宇多田からすると、ものづくりは冒険だそうだ。レコーディングに際して、宇多田は曲に込めた感情をミュージシャンたちに結構細かく説明していた。彼らについて宇多田は、「冒険という意味では、(ミュージシャンたちが)同じ風景を観ようとしてくれるので、そこへの生き方のルートを一緒に考えてくれるみたいな感じ」と、語っていた。

ミュージシャンたちのお陰で、宇多田は「自分じゃ絶対できなかった、自分だけでは行けなかったところにも行けますね」と、心強く思っていた。

宇多田の楽曲制作は、先に音を作り上げてから、歌詞を完成させて歌のレコーディングをする、という順番だ。歌のレコーディングの当日の朝に歌詞が完成した曲もあった。

宇多田にとっては、「音楽が脚本で、それにストーリーとか感情が全部入っているから、それを演技するみたいなのが歌詞と歌うこと」だそうだ。

活動休止と再開の理由

宇多田は27歳だった2010年に翌年からの活動休止を発表した。その真意について、宇多田は説明した。

「このままだと持たない。もしくは、本来自分と向き合うということが、音楽を作る上で大事なことだと思うんですけど、そのまま行ったら、偏った経験ばかり積んで行ったら、おそらくそれができなくなるだろうという意味で、維持できなくなる」

その後、2016年4月に音楽活動を再開するきっかけとなったのは、2013年の母・藤圭子の死と自身の2015年の出産だった。自分も母となり、溢れ出て来た亡き母への感情、この真実を歌にせずにはいられなかった。この部分は宇多田本人ではなくナレーションで説明されたから、若干大袈裟に聞こえたが、、間違いではないはずだ。

長いブランクを経て久しぶりにスタジオに入った時、宇多田は「ここが一番世界で楽な場所なんだなって気づいて」「聖域みたいなところだというふうに、たぶん私は感じて」という状況だった。

なかなか完成できず悪戦苦闘した曲

アルバム「初恋」収録曲の1つに、制作にかなり苦労したものがあった。宇多田が3年以上かけて制作に取り組んできたにもかかわらず、バンドのレコーディングの段階ではメロディーに未完の部分が残っていた。

未完な部分がある段階でのバンドのレコーディングで、宇多田はミュージシャンたちに「この曲は未完成なので、自由に考えてもらって。8分の6拍子と思って作ったんだけど、いいように解釈して」などと指示を出していた。

それでも、さすが超一流ミュージシャンたちだ。彼らが奏でた音を聴いて、宇多田は「わあ、こんなふうになるんだっていう。私が脳内で見えていた風景が、みんなにも見えたんだな、ちょっと」「3年間も悩んできたのに、みんなに相談するだけで良かったなんて」と、感激していた。彼らのレコーディングが終わってお別れする時に、名残惜しくて宇多田は泣き顔を見せていた。

感情的エネルギーを消費しながら苦闘

この苦闘した楽曲は「Ghost」という仮タイトルのもので、「メロディーがガチッとくるのがない」と、宇多田は1人で苦闘し続けた。自宅の作業部屋にこもり、時にはロシア出身の小説家の詩を呼んでインスピレーションを得ようとしていた。

こういう生みの苦しみについて、宇多田は「好きでやるとか、楽しいっていうのとは、また全然違う感覚なので。苦しい時もあるけど、やらないことのほうが苦しい。たぶん続けないと生きて行けないだろうという気もする」と述べていた。天職なのだろう。

この曲の作詞にあたって、宇多田がヒントを得ようとしたロシア出身の小説家ナボコフの詩が、「死」について考え、死を超越した世界を信じるに至る、という内容であることから、死生観に関わるような歌であると察しがついた。

宇多田は歌作りについて、「自制心みたいなもの、自分でも見ないようにする部分があったりというのを、そこを一回突破しなきゃいけないので。そこの蓋を開けて、地獄の蓋が開いたみたいなところ。『開いた』ってなって、そこに突っ込んで行く作業なので、感情的なエネルギーをすごく消耗するというか」と語っていた。

宇多田の場合は、自分自身の経験に基づく部分のある詞が基本だから、かなり精神的に消耗することもあるのだろう。

ロンドンでのレコーディング作業が終わってから2週間ほど経って、ようやくこの曲は歌詞が完成して仕上がった。

この「Ghost」という仮タイトルだった曲が、最終的には「夕凪」というタイトルに改められて完成した、と明かされた。これは腑に落ちた。筆者はこの曲を初めて聴いた時、抽象的な感じもあるが深い詞だと思った(2018年6月28日付 「宇多田ヒカルアルバム『初恋』感想―多彩で凄い、どこかはかなさも」を参照)。小さくなった体、というのは母の遺骨のことだろうか。

宇多田はプロフェッショナルであることについて、「正直であること。自分と向き合うっていうのは、そういうことですね。音楽に対して正直であることですね。自分の聖域を守るってことです」と述べていた。

「パクチーの唄」に宇多田の息子も参加

宇多田は最近のテレビ出演でも、2015年7月に出産した長男について語ることはなかった。現在3歳くらいだから、可愛い盛りだが、どんなふうに息子と過ごしているのだろう、と興味はあった。

このため、7月16日の午後7時からJ-WAVEなどで一夜限りの復活となった「宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン」で、宇多田が息子の話をしたのには驚いたし、息子の話が聞けて良かった。

この時宇多田は、アルバム「初恋」収録の癒し系の曲・「パクチーの唄」に、息子が参加していたことを明かした。

「この曲は、イントロで『コリアンダー』っていうシャウトみたいなのがあるんですけど、周りにいたスタッフとか友達とかに声を入れてもらったんですけど、実はそこにスタジオに遊びに来ていた私の子供の声も入っているんです。

レコーディングするのに、すごい苦労して、単語幾つか喋るという程度の時期だったので、そもそも『コリアンダー』なんて言えると思っていなくて、でも何度も現場で『コリアンダー』というのが流れていたら、ふと喋ったんです。『コリアンダー』って、息子が。周りスタッフみんながハッとなって。

何とかもう1回言わせようと、みんなすごい頑張って、マイクとかレコーディングしっぱなしにして。周りから何度も何度も語りかけて、繰り返すのを促そうとしたんだけど、そういうふうにやっても言ってくれなくて。諦めて雑談していたら、急に『コリアンダー』って言って。『わー、今言った、録れた?録れた?』と確認して使ったっていう。アルバムの中でもすごい苦労したところでした」

つまり、宇多田の息子の声が偶然入ったというよりも、宇多田自身が息子の声を入れたくていろいろ苦労したということだ。子供の声を残せて、幼い頃の記念になって良かった。

また、リスナーからの「自分が(子供に)与えている影響はどんなものがありますか?」という質問にも、宇多田は答えた。

「自分がミュージシャンなので、子供には別に(ミュージシャンに)なって欲しくないんですが。何でもやりたいことはやって欲しいんだけど。

どうしても、私の仕事部屋に入ると、いろいろな機材があったり、どうしても家に楽器があったりとか、言葉を喋り始めた時、まだ幾つかしか言葉を話せないのに『ギター』とか『スピーカー』とか『マイク』とか覚えちゃったりして。ああ、やっぱり、こういうところに影響が出ているっていうのは、すごい感じました。

「一応、誕生日プレゼントに、おもちゃのキーボードとマイクスタンドがくっついているやつをあげたら、私のライブ映像や私の好きなミュージシャンのライブ映像のせいで、完全に弾き語りみたいな動きをして踊ったりとかしているし。このまま行くと音楽を好きになるのか。ま、好きなんだけども、どんどんそっちに行っちゃうのかなと感じて、さあ将来どうなるんでしょうね」

幼い息子は既に音楽に興味が大ありのようだ。

番組情報

CSのSPACE SHOWER TVではに以下宇多田ヒカル特集の再放送がある。SPACE SHOWER TVは、スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、ひかりTV、IPTV( auひかり、またはスカパー!プレミアムサービス光)のいずれかと契約すれば視聴できる。

・7月19日(水)23:00~23:30「Spaceshower CrossTalk 宇多田ヒカル『初恋』」(4人のアーティストによる視聴会)
・7月22日(日)21:00~23:00「宇多田ヒカル 人気歌詞検索曲ランキング」

CSのMUSIC ON! TV(エムオン!)では、7月27日(金)の24:30~26:00に「最新最強!宇多田ヒカル特集」が放送される。MUSIC ON! TV(エムオン!)は、スカパー!、J:COM、ケーブルテレビ、ひかりTV、eo光テレビ、 auひかりのいずれかと契約すれば視聴できる。

CSのMTV(再放送)では、7月20日(金)の19:30~20:30に「MTV Unplugged: 宇多田ヒカル」、7月20日(金)の20:30~21:00に「Making of…Unplugged 宇多田ヒカル」が放送される。また、7月28日(土)の18:00~19:00に「宇多田ヒカル Top10」が放送される。


音楽ランキング
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

*宇多田ヒカルの2018年6月27日発売のアルバム「初恋」はCDとしては1形態販売で、初回出荷分にはコンサートツアーのチケット先行応募抽選券を封入。表題曲「初恋」はTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」のイメージソング。「Play A Love Song」「大空で抱きしめて」はサントリーCMソング。「あなた」は映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」の主題歌。「Forevermore」は2017年7月クールのドラマ「ごめん、愛してる」の主題歌。アルバム「初恋」はCDと同時に音楽配信でもリリースされている。

Amazon: 初恋[CD] (宇多田ヒカル) 2018/6/27
セブンネット: 初恋[CD] (宇多田ヒカル) 2018/6/27
タワレコ: 初恋[CD] (宇多田ヒカル) 2018/6/27
楽天ブックス: 初恋[CD] (宇多田ヒカル) 2018/6/27
TSUTAYA: 初恋[CD] (宇多田ヒカル) 2018/6/27
Neowing: 初恋[CD] (宇多田ヒカル) 2018/6/27
Yahoo!ショッピング: 初恋[CD] (宇多田ヒカル) 2018/6/27
アルバムおよび収録曲音楽配信

Amazon: 初恋(アルバム) デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル) 2018/6/27
Amazon: 初恋 単曲デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル) 2018/5/30

Amazon: Play A Love Song デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル) 2018/4/25
Amazon: あなた デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル) 2017/12/8
Amazon: Forevermore  デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル) 2017/7/28
Amazon: 大空で抱きしめて デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル) 2017/7/9
レコチョク: 初恋[アルバム] (宇多田ヒカル)
レコチョク: 初恋 (宇多田ヒカル)
レコチョク: Play A Love Song (宇多田ヒカル)
レコチョク: あなた (宇多田ヒカル)
レコチョク: Forevermore (宇多田ヒカル)
レコチョク: 大空で抱きしめて (宇多田ヒカル)





*宇多田ヒカルの2016年9月28日発売のアルバム「Fantôme」

Amazon: Fantôme (宇多田ヒカル) 2016/9/28
セブンネット: Fantome (宇多田ヒカル) 2016/9/28
TOWER RECORDS: Fantome (宇多田ヒカル) 2016/9/28
楽天ブックス: Fantome (宇多田ヒカル) 2016/9/28
山野楽器Yahoo!ショップ: Fantome (宇多田ヒカル) 2016/9/28
音楽配信
Amazon: Fantôme デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル) 2016/9/27
レコチョク: Fantôme (宇多田ヒカル)

*宇多田ヒカルの「First Love」など人気曲を集めた2004年3月31日発売のベストアルバム「Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1」

Amazon: Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 (宇多田ヒカル) 2004/3/31
セブンネット: Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 (宇多田ヒカル) 2004/3/31
楽天ブックス: Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 (宇多田ヒカル) 2004/3/31
TOWER RECORDS: Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 (宇多田ヒカル) 2004/3/31
Yahoo!ショッピング: Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 (宇多田ヒカル) 2004/3/31
音楽配信
Amazon: Utada Hikaru Single Collection Vol.1 デジタルミュージック配信 (宇多田ヒカル)  2004/4/1
レコチョク: Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 (宇多田ヒカル)

Amazon アーティストストア: 宇多田ヒカル


宇多田ヒカルの記事:

2018年7月6日 付 宇多田ヒカル「初恋」CDもダウンロードも断トツ1位、ドラマ効果も
2018年7月3日付 宇多田ヒカルのアルバム「初恋」が週間1位/ 「Good Night」
2018年7月2日付 「SONGSスペシャル 宇多田ヒカル」―子供の頃の夢と過酷な環境
2018年6月30日付 宇多田ヒカル「音楽の日」出演決定/ 顔写真登録でチケット転売対策
2018年6月28日付 宇多田ヒカルアルバム「初恋」感想―多彩で凄い、どこかはかなさも
2018年6月21日付 宇多田ヒカル「初恋」発売記念企画―フリーペーパー、コラボカフェなど
2018年6月20日付 宇多田ヒカルがNHK「SONGSスペシャル」「プロフェッショナル 仕事の流儀」出演
2018年6月6日付 宇多田ヒカル「初恋」が週間デジタルシングル1位、ヒャダインが独自解説
2018年4月25日付 宇多田ヒカルがアルバム「初恋」発売、コンサートツアー先行応募抽選券封入

スポンサードリンク

-宇多田ヒカル
-, , , , , ,

Copyright© ランダムビュー アソート , 2018 All Rights Reserved.