&Audition boys

HYBE LABELS JAPANのALYSA PがLDHオーディションの審査員に、両社業務提携の内容は?

スポンサードリンク

(目次)・TOP
HYBE LABELS JAPANとLDHの業務提携―今回はLDH新ガールズGのオーディション審査と楽曲提供
『iCON Z』ガールズグループ・オーディションはハイレベル、デビュー組は5人

HYBEの日本レーベル・HYBE LABELS JAPANの音楽プロデューサーを2021年3月1日より務めているALYSA氏が、2022年1月30日(日)のテレビ東京系「夢のオーディションバラエティー ~Dreamers Z」の前半のLDHの「iCON Z」オーディションのガールズグループ部門三次審査初回ダイジェストに、審査員の1人として出演した。

ちなみに、ALYSA氏は日本に生まれ、桐朋学園大学でピアノとクラシックの作曲を学び、卒業後は音楽出版会社勤務を経て、カナダ・トロントのHarris Instituteでデジタル音楽制作を学んだ。その後、イタリアでの楽興提供を皮切りに音楽プロデューサーとしてのキャリアをスタートした。

最近の実績としては、ジャニーズのSixTONESの2ndフルアルバム「CITY」収録の「Ordinary Hero」の作詞参加、ディズニーの「美女と野獣」の「愛の芽生え」編曲、HYBEのBIGHIT MUSICのTOMORROW X TOGETHERのGReeeeN書き下ろし曲「Ito」のプロデュース、K-POPのASTROの「SWITCH ON」の作曲参加などがある(ALYSA氏のツイッターを参照)。

HYBE LABELS JAPANとLDHの業務提携―今回はLDH新ガールズGのオーディション審査と楽曲提供

HYBE LABELS JAPANがLDHと業務提携したことは以前より報じられていたが、具体的には、今回の「iCON Z」のグローバル・ガールズグループのオーディションでは、審査員の1人でもあるALYSA氏が楽曲提供するという。

このオーディションから誕生する5人組ガールズグループが、HYBE LABLES JAPANの所属になるわけではないので、ケイ、タキら&AUDITION boysのファンは、当面は心配しなくていい。

だが、HYBE LABELS JAPANが実施しているオーディションは女性も対象となっているため、将来はHYBE LABELS JAPAN所属のガールズグループが誕生する可能性が高い。

ところで、そもそもなぜHYBEがLDHと業務提携したかは、筆者の個人的な推測だが、今回はHYBEが楽曲提供のみでの協力としても、将来的に友好関係を維持するメリットはある。

たとえば日本のボーイズグループは、ジャニーズとLDH以外は、メジャーな音楽番組になかなか出演できない時代が長かった。これからHYBE LABELS JAPANからケイやタキたちを含むボーイズグループをデビューさせる場合、敵は少なく、味方が多いほうがいい。

また、両社がより深い提携関係を望むなら、たとえばLDHが世界進出する際に、HYBEのノウハウや、グローバル・ファンダム相手の商売プラットフォームのWeverseに参加できたら、メリットは絶大だ(韓国では既にYGエンターテインメントがHYBEのWeverseに参加している)。

Weverseではアーティストとグローバルファンの交流もできるし(翻訳システムが組み込まれている)、グローバルファン向けのチケットやグッズの販売、さらに最近NAVERからWeverseが買い取ったV LIVE事業でのライブ配信・VODも活用できる。

『iCON Z』ガールズグループ・オーディションはハイレベル、デビュー組は5人

ちなみに、この「iCON Z」オーディションのガールズグループ部門には、4万8,000人もの応募があり、2次審査までに12~19歳の30人に絞られたという、超難関だった。

三次審査のALYSA氏以外の審査員は、今回誕生するガールズグループのプロデューサーの登坂広臣(三代目JSB)、ボーカルトレーナーのEmili氏、サウンドプロデューサー・音楽監修の(BLACKPINK作品に携わったことのある)ZERO氏、ダンストレーナの(IZ*ONEなどの振付を担当した)Ruu氏だ。

テレビ東京でのダイジェストでは、オーディション番組によくあるように、既にプロデューサー(今回は登坂広臣)が注目している参加者のみがクローズアップされていた。30人が1分間の自己PR(歌やダンスのパフォーマンスやその他の特技など)を披露したが、テレビで放送されたのは9人のみだった。

30人はもちろん、歌もしくはダンスのレベルが高い人ばかりだ。中には、日本語・韓国語・英語で発言し、アコースティック・ギターの弾き語りを披露した大山琉杏(るあん、18、大阪府)や、既にEXPGのTikTokチームとしてフォロワー5万4,000人超を獲得している大村友莉亜(14、長崎県)など、華のある人もいた。

次は30人が6つの5人組グループに分けられて、三次審査のグループ・パフォーマンスに取り組んで披露するが、評価対象は個人単位だという。最終的にデビューする5人は、全員が歌って踊れ、世界で活躍するグループを目ざすそうだ。



&AUDITION boys/ HYBE LABELS JAPANボーイズに関する最近の記事:

2022年1月31日付 HYBE LABELS JAPANのALYSA PがLDHオーディションの審査員に、両社業務提携の内容は?
2022年1月19日付 HYBE JAPANケイ、タキら&Audition boysが公式YouTube開始/ Trainee Aから4人がダンス練習とトーク生配信
2021年12月4日付 HYBE JAPANボーイズのケイ、タキらがBTSのLA公演を見学/ 外国人入国禁止の暗雲
2021年11月5日付 HYBE JAPANボーイズGオーディション2022年放送決定、ケイ、タキらも出演/ 日プ2ファイナリストらは?
2021年9月27日付 『I-LAND2』がENHYPEN妹分オーディションとして始動、ではHYBE JAPANボーイズは?
2021年8月31日付 HYBE練習生日米ハーフ・JJは元スターダスト/ HYBE JAPANボーイズGデビュー準備が着々と進む
2021年6月1日付 HYBE LABELS JAPANボーイズGからギョンミン離脱/『I-LAND』ゴヌがJUST Bとしてデビュー決定
2021年4月27日付 ENHYPEN初カムバ-衝撃作『Drunk-Dazed』はパン・シヒョク会長自ら制作参加、『ケイくん』トレンド入り
2021年1月24日付 BTS事務所日本オーディション有望候補者カイル君をNHK『おはよう日本』がインタビュー
2021年1月1日付 ENHYPENがBig Hit年越しライブで3曲+ニキソロ/『I-LAND』ケイ、タキらが日本からデビュー決定
2020年10月27日付 TXT『minisode1: Blue Hour』リリース、MVに遊園地/ ENHYPEN始動、ハンビンがイベント、ケイ誕生祭
2020年9月21日付 『I-LAND』で日本人ケイへの根拠なき誹謗中傷を展開した人物がケイが脱落してから謝罪
2020年9月19日付 『I-LAND』#12―7人組ENHYPENデビューメンバー決定、ニキ合格、ケイ脱落/BTSとTXTのコメント

スポンサードリンク
スポンサードリンク

-&Audition boys
-, , , , , , ,