K-POP

2022年末『NHK紅白歌合戦』にIVE内定、ルセラフィム有力の報/ JO1・BE:FIRSTは?

スポンサードリンク

(目次)・TOP
NHKはIVEとLE SSERAFIMそれぞれの特番を放送済み、日本のストリーミングでも人気
IVEの3rdシングル『After Like』の初動売上は92万枚
LE SSERAFIMはK-POPヨジャ最速で米ビルボードBillboard 200にチャートイン
紅白は白組(男性)は狭き門、紅組(女性)は人材不足で出演しやすい/ 焦点はJO1・BE:FIRST
商品情報

K-POPのSTARSHIPエンターテインメント所属の6人組ガールズグループのIVE(アイヴ)が、2022年12月31日の「第73回NHK紅白歌合戦」初出場が内定し、HYBEのSOURCE MUSIC所属の5人組ガールズグループLE SSERAFIM(ル セラフィム)も有力、と11月8日の日刊スポーツが伝えた(「10月日本デビューの6人組IVEが紅白歌合戦初出場内定 LE SSERAFIMも有力視」を参照)。

NHKはIVEとLE SSERAFIMそれぞれの特番を放送済み、日本のストリーミングでも人気

筆者は、IVEとLE SSERAFIMのどちらかまたは両方が紅白に出演する可能性があると思っていたので、全く驚かなかった。どちらも大型新人の枠を超えた、大人気グループだ。

しかも、NHKは早くからこの2つのグループに目を付けていて、NHK総合で2022年9月23日に「SONGS+PLUS IVE」、11月3日に「SONGS+PLUS LE SSERAFIM」という、それぞれのグループだけを特集した30分番組を放送している。これは紅白初出場の可能性を視野に入れたPR番組、としか思えなかった。

K-POPに興味のない人は、聞いたこともないグループだと憤慨しているかもしれないが、それはアナタが知らないだけだ。

日本の音楽ファンが日頃何を聴いているかの目安となるビルボード・ジャパンのストリーミング・チャート・Streaming Songsで、2022年10月24~30日の週にLE SSERAFIMの「ANTIFRAGILE」は9位で、2週連続のチャートインとなっている。

また、IVEの「LOVE DIVE」は75位だが、最高2位で、何と30週にわたってチャートインを維持している。つまり、半年以上にわたるロングランヒットだ。最近の曲「After Like」は10月24~30日の週は26位だが、最高9位で、10週にわたってチャートインを維持している。

ちなみに、日本のアイドルの多くは、ストリーミングで人気があるとは言い難い。たとえば、紅白出演経験のあるジャニーズのKAT-TUNが2022年10月10日に配信リリースしたデジタルシングル「ゼロからイチへ」は、ストリーミング・チャートStreaming SongではTOP100に一度も登場できていない。

IVEの3rdシングル『After Like』の初動売上は92万枚

このIVEとLE SSERAFIM の2グループとHYBEのADOR所属の5人組ガールズグループ・NewJeansは、今や大型新人の枠を超えた大人気ぶりなのだ。

特にIVEは、韓国では大手事務所所属でないとデビューが成功しづらいという先入観を、見事に覆して、数々の記録を打ち立てた、スーパー実力派美少女グループだ。

デビュー後僅か7日目に、韓国音楽史上最速で国内音楽番組のランキング1位を獲得し、韓国国内の数ある音楽番組において13冠という記録を樹立するだけでなく、その後も音楽チャートを席巻した。

3rdシングル・アルバム「After Like」(日本でいうCDシングルのイメージ)は、ハント(HANTEO)チャート加盟店の発売から1週間の初動売上が92万4,363枚で、K-POP女性アーティストとしてはaespaに次ぐ記録となった。ガールズグループだから元々音源(デジタル)に強いが、音盤も大人気ボーイズグループ並みに爆売れしているのだ。

6人全員がセンター級の美少女で、特に元IZ*ONEのチャン・ウォニョンのスター・オーラは絶大だ。日本人メンバー・レイがいるから、日本語での対応も万全だ。

LE SSERAFIMはK-POPヨジャ最速で米ビルボードBillboard 200にチャートイン

LE SSERAFIMはまだ日本デビューもしていないが、所属事務所がBTSと同じHYBE(レーベルはHYBE傘下のSOURCE MUSIC)で、元NHK48およびIZ*ONEのSAKURA(宮脇咲良)とKAZUHAという2人の日本人メンバーがいる。SAKURA(宮脇咲良)は日本での個人活動を秋元康関係の事務所が担っているから、日本のテレビ番組に出演しやすい。

デビュー作だけだと、同じHYBEのADOR所属のNewJeansのほうが韓国国内でより売れていたが、LE SSERAFIMは2ndミニアルバム「ANTIFRAGILE」で猛烈な巻き返しを見せている。ハント(HANTEO)チャート加盟店の発売から1週間の初動売上は56万7,673枚で、前作から倍増となった。

また、ミニアルバム「ANTIFRAGILE」は、米ビルボードのメイン・アルバム・チャートのBillborad 200の11月5日付チャートで、初登場14位を獲得した。これはK-POPガールズグループ史上最短でのBillboard 200チャートインだ。

「KCON 2022 JAPAN」でのLE SSERAFIMのステージは、さすがHYBEだけにゴージャスだったが、それ以上に目を引いたのが、アスリート並みの身体能力の高さを必要とするハードなダンスを美しく展開して、ただ者ではない超実力派であることを証明したことだ。

紅白は白組(男性)は狭き門、紅組(女性)は人材不足で出演しやすい/ 焦点はJO1・BE:FIRST

「紅白歌合戦」は、白組(男性)は候補者が多すぎて狭き門だが、紅組(女性)は人材難でスカスカという印象もある。つまり、ボーイズグループよりもガールズグループのほうが出場のハードルが低い。

男性グループの出場数に見合う女性グループを用意するとなれば、まずは48/46アイドルグループが複数出るとしても3組程度だろう。日本拠点のK-POPグループのNiziUが出るのは確実と思われ、さらに日本人がいるK-POPグループのIVEとLE SSERAFIMが出れば、男性グループの数に近づく、と筆者は個人的に思っている。

むしろ、問題は男性グループだろう。ジャニーズ枠が5~6組として、目玉は「5人のキンプリ」の最後の姿ということで、King & Princeに代表曲「シンデレラガール」を歌わせてティアラ(ファン)を号泣させるという、NHK的お涙ちょうだい作戦だろう。

ジャニーズは、解散が決まったグループなら紅白に出さないが、キンプリは2人が残って継続するから悩ましいだろう。ティアラが大挙して観覧に応募するなら、キンプリを出さない可能性が高くなる。

残りのジャニーズは、関ジャニ∞、Snow Man、SixTONES、なにわ男子がほぼ確実とみられ、これで既に5組だ。ジャニーズはさらにもう1組、たとえばデビュー25周年のKinKi Kidsを押し込もうとするかもしれない。

LDHは昨年はGENERATIONSが出演したが、今年はTHE RAMPAGEのごり押しが目立つので、2組出演を狙っているかもしれない。スターダストからはDISH//が去年出演しているが、今年は目立ったヒット曲がないような気もするが、今年も出演できるだろうか?

また、新しい事務所枠として、LAPONEエンタテインメントのJO1か、BMSGのBE:FIRSTの、いずれかもしくは両方が出演できるだろうか? INIも推したいところだが、先輩グループのJO1を飛び越しての初出場はないだろう。NHKが演歌歌手のバックダンサーを務めるという条件を課した場合、JO1はその条件をのめるだろうが、BE:FIRSTはどうだろう。

今年の紅白は開始時間が去年よりも少し早まって午後7時20分スタートということなので、出場者数が昨年よりも1~2組多いかもしれない。その分新たにボーイズグループが出演できるようにしてほしい。

どうも紅白はこれまで、出演者決定の最後の最後で上層部が大手事務所(=ジャニーズ)に配慮してきているような印象があり、今年は嵐の櫻井翔がコーナーMC担当との報もあるのでジャニーズが強気に出やすく、新参者事務所のJO1やBE:FIRSTの初出場が実現するかどうかは不透明だ。

*後続記事:
2022年11月12日付 JO1『紅白歌合戦』初出場決定とスポニチの報、3年間の努力が報われるのは嬉しい


K-POPランキング

韓国アイドルランキング
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村

商品情報

* LE SSERAFIMの2022年10月17日(月)韓国発売の2ndミニアルバム「ANTIFRAGILE」のCDパッケージは、正規盤3形態(「Vol.1 MIDNIGHT ONYX」、「Vol.2 IRIDESCENT OPAL」、「Vol.3 FROZEN AQUAMARINE」)と低価格のコンパクトVer.5形態(「DIAMOND Ver.」、「PINK DIAMOND Ver.」、「EMERALD Ver.」、「SAPPHIRE Ver.」、「RUBY Ver.」)で販売。日本では輸入盤となり、Weverse Shop JAPANとUNIVERSAL MUSIC STOREでは応募抽選用シリアルナンバーを含む限定特典付きで10月18日(火)に発売(お届け)。

Amazon: ANTIFRAGILE ラインナップ (LE SSERAFIM) 2022/10/18以降
楽天市場: ANTIFRAGILE ラインナップ (LE SSERAFIM) 2022/10/18以降
楽天ブックス: ANTIFRAGILE ラインナップ (LE SSERAFIM) 2022/10/18以降
楽天ブックス:【輸入盤】2NDミニアルバム:アンチフラジャイル (LE SSERAFIM) 2022/10/18以降
楽天ブックス:【輸入盤】2NDミニアルバム:アンチフラジャイル(コンパクト・ヴァージョン) (LE SSERAFIM) 2022/10/18以降
TOWER RECORDS: ANTIFRAGILE ラインナップ (LE SSERAFIM) 2022/10/22
TOWER RECORDS: Antifragile: LE SSERAFIM 2nd Mini Album (ランダムバージョン) (LE SSERAFIM) 2022/10/22
Neowing: ANTIFRAGILE ラインナップ (LE SSERAFIM) 2022/10/26
TOWER RECORDS: Antifragile: LE SSERAFIM 2nd Mini Album (COMPACT Ver.)(ランダムバージョン) (LE SSERAFIM) 2022/10/22
Qoo10: ANTIFRAGILE ラインナップ (LE SSERAFIM) 2022/10/18以降
Yahoo!ショッピング: ANTIFRAGILE ラインナップ (LE SSERAFIM) 2022/10/18以降
セブンネット+TSUTAYA+Neowing+Qoo10+Yahooバナー:

デジタルミュージック配信
Amazon: ANTIFRAGILE [デジタルアルバム] (LE SSERAFIM) 2022/10/17
Apple Music/ iTunes: ANTIFRAGILE - EP (LE SSERAFIM) 2022/10/17
レコチョク: ANTIFRAGILE [デジタルアルバム] (LE SSERAFIM) 2022/10/17

App Icon Apple Music
Apple Music

*6人組ガールズグループ・IVEの2022年10月19日(水)発売の日本1stシングル「ELEVEN -Japanese ver.-」は、全形態共通で「ELEVEN -Japanese ver.-」と「Queen of Hearts」の2曲を収録。CDシングルはフォトブック付き初回限定生産I盤、Blu-ray付き初回限定生産V盤、CDのみの初回仕様限定E盤(通常盤)、ハート型ミラー付きのFC盤の4形態で販売し、形態ごとにタイプの異なるトレカを封入。

Amazon: ELEVEN -Japanese ver.- ラインナップ (IVE) 2022/10/19
Amazon: ELEVEN -Japanese ver.- 初回限定I盤[CD+フォトブック] 特典なし (IVE) 2022/10/19
Amazon: ELEVEN -Japanese ver.- 初回限定V盤[CD+Blu-ray] 先着メガジャケ付 (IVE) 2022/10/19
Amazon: ELEVEN -Japanese ver.- 初回限定V盤[CD+Blu-ray] 特典なし (IVE) 2022/10/19
Amazon: ELEVEN -Japanese ver.- E(通常)盤 特典なし (IVE) 2022/10/19
楽天市場: Amazon: ELEVEN -Japanese ver.- ラインナップ (IVE) 2022/10/19
楽天ブックス: ELEVEN -Japanese ver.- ラインナップ (IVE) 2022/10/19
楽天ブックス: ELEVEN -Japanese ver.- 初回限定V盤[CD+Blu-ray] 先着クリアファイル付 (IVE) 2022/10/19
楽天ブックス: ELEVEN -Japanese ver.- E(通常)盤 先着クリアファイル付 (IVE) 2022/10/19
TOWER RECORDS: ELEVEN -Japanese ver.- ラインナップ (IVE) 2022/10/19
TOWER RECORDS: ELEVEN -Japanese ver.- 初回限定I盤[CD+フォトブック] (IVE) 2022/10/19
TOWER RECORDS: ELEVEN -Japanese ver.- 初回限定V盤[CD+Blu-ray] (IVE) 2022/10/19
TOWER RECORDS: ELEVEN -Japanese ver.- E(通常)盤初回仕様 (IVE) 2022/10/19
TOWER RECORDS: ELEVEN -Japanese ver.- E(通常)盤 (IVE) 2022/10/19
セブンネット: ELEVEN -Japanese ver.- ラインナップ (IVE) 2022/10/19
Yahoo!ショッピング: ELEVEN -Japanese ver.- ラインナップ (IVE) 2022/10/19

デジタルミュージック配信
Amazon: ELEVEN -Japanese ver.- [デジタルアルバム] (IVE) 2022/10/19
Apple Music/ iTunes: ELEVEN -Japanese ver.- (IVE) 2022/10/19
Apple Music/ iTunes: Queen of Hearts (IVE) 2022/10/19
レコチョク: ELEVEN -Japanese ver.- [デジタルアルバム] (IVE) 2022/10/19

App Icon Apple Music
Apple Music

*6人組ガールズグループ・IVEの2022年8月26日韓国発売の3rdシングル「After Like」は、「After Like」と「My Satisfaction」の2曲を収録。CDパッケージは3形態のPHOTO BOOK Ver.で販売開始し、Jewel Ver.(6種)を追加。日本では輸入盤となり、形態が選べないストアもある。

Amazon: After Like ラインナップ (IVE) 2022/8/27以降
Amazon: After Like- PHOTO BOOK Ver. (韓国盤) (IVE) 2022/9/2
Amazon: After Like- Jewel Ver. (韓国盤) (IVE) 2022/9/2
楽天市場: After Like ラインナップ (IVE) 2022/8/27以降
TOWER RECORDS: After Like ラインナップ (IVE) 2022/8/26
TOWER RECORDS: After Like: 3rd Single (PHOTO BOOK VER.)(ランダムバージョン) (IVE) 2022/8/26
TOWER RECORDS:After Like: 3rd Single (Ltd. Jewel Ver.)(ランダムバージョン) 限定盤 (IVE) 2022/8/26

デジタルミュージック配信
Amazon: After Like [デジタルアルバム] 2022/8/22
Apple Music/ iTunes: After Like - Single (IVE) 2022/8/22
レコチョク: After Like [デジタルアルバム] (IVE) 2022/8/26

App Icon Apple Music
Apple Music

*スターシップ・エンターテインメント所属の6人組ガールズグループ・IVEの2022年4月5日韓国発売の2ndシングル「LOVE DIVE」のCDは3形態で販売。

Amazon: LOVE DIVE ラインナップ (IVE) 2022/4/6以降
Amazon: LOVE DIVE ランダムバージョン (IVE) 2022/4/15
楽天市場: LOVE DIVE ラインナップ (IVE) 2022/4/6以降
TOWER RECORDS: LOVE DIVE: 2nd Single (ランダムバージョン) (IVE) 2022/4/13

デジタルミュージック配信

Amazon: LOVE DIVE [デジタルアルバム] (IVE) 2022/4/5
Apple Music/ iTunes: LOVE DIVE - Single (IVE) 2022/4/5
レコチョク: LOVE DIVE (IVE) 2022/4/5

App Icon Apple Music
Apple Music



スポンサードリンク
スポンサードリンク

-K-POP
-, , , , , , , ,