ORβIT PRODUCE 101 JAPAN

ORβITのTOMOがDV警察沙汰で活動自粛、ただしツアー完走後に、との発表に再び唖然

スポンサードリンク

(目次)・TOP
無期限活動休止処分、ただしツアーを完走してから、という呆れた大甘処分
これまでORβITの良いニュースを一切報じなかった主要メディアが一斉に事務所の対応を報道する意味

JO1(ジェイオーワン)が誕生した2019年のサバイバル・オーディション「PRODUCE 101 JAPAN」シーズン1(日プ1)の、元練習生で結成した日韓7人組ボーイズグループ・ORβIT(オルビット)のTOMOこと安藤誠明(ともあき)が、DV警察トラブルを文春に報じられていた件で、所属事務所のDREAM PASSPORTは2022年6月20日、公式サイトでTOMOの7月1日からの無期限活動休止を発表した(文春報道への感想については2022年6月17日付「ORβITメンバーのDV警察沙汰についての文春報道と事務所の対応に唖然」を参照)。

既にヤフー・ニュースのコメント欄に批判が殺到しているが、筆者も再び事務所の発表文に唖然とした1人だ。

無期限活動休止処分、ただしツアーを完走してから、という呆れた大甘処分

事務所によると、「報道内容に虚偽の内容が腹案れていることから顧問弁護士と対応について協議を続けております」としつつ、「騒動を招いたことにつきまして、TOMO本人に非があることは間違いございません」「2022年7月1日より麦減活動休止の処分とさせていただきます」との結論に至ったそうだ。

事務所の所属アーティスト3組(ORβIT、BUGVEL、HICO)の全国5都市ツアー「Dream Gate 01」の後半3公演が、まだ残っているが(6月22日の愛知、6月24日の福岡、6月25日の大阪)、事務所は安藤をステージに立たせるつもりだ。

これには呆れる。コメディーをやっているのか? 大事な仕事を全部終えてから活動休止だなんて、まるで夏休みじゃないか。ファンはDV加害者報道されたTOMOがステージでラブソングを歌う姿を見て、どう思うだろう。

ステージを降板させない理由については、発表文では「所属アーティスト全員との話し合いの結果、予定通り出演させることとなりました」としか述べていない。

おそらく、TOMO以外にメインボーカルを張れるヒチョとヨンフンが兵役で不在だし、TOMOが出演しないとなるとチケット払い戻し請求もあるかもしれないから、出演を強行するのだろう。

これまでORβITの良いニュースを一切報じなかった主要メディアが一斉に事務所の対応を報道する意味

しかし、こうした大甘な事務所の対応は、「PRODUCE 101 JAPAN」シーズン1(日プ1)の視聴者のみならず、無名グループのORβITを今回初めて知った文春の読者やネットユーザーにも、広まっている。ORβITの曲もメンバーも知らなかった人たちが、ORβITのTOMOもしくは安藤の名前を、DV報道と事務所の笑える対応とともに、記憶していくのだ。

これまでORβITについて「話題沸騰」と持ち上げてくれたKstyleをはじめ、リアルサウンドや音楽ナタリーなど、ORβITに好意的だったネットメディアは、今回のDV警察沙汰と事務所の対応について、スルーしている。

しかし、これまでORβITの良いニュースは一切報じてこなかった、スポーツ新聞系などの主要ネットメディアが、今回のTOMOのDV警察沙汰に関する文春報道と事務所の対応について、一斉に報道している(例: 日刊スポーツの記事)。これは、ORβITと事務所・DREAM PASSPORTに対する間接的な批判とも言える。つまり、ORβITと事務所のさらなる苦境の可能性を示唆している。

元々ORβITは、オーディション終了後の半年間は、オーディションを企画・運営した吉本興業の許可なく他の事務所で芸能活動を始めてはならないというルールを守らなかった、とみられていた(2022年6月17日付「ORβITメンバーのDV警察沙汰についての文春報道と事務所の対応に唖然」を参照)。

DV加害者として警察沙汰になったメンバーがいるグループのスポンサーになりたい企業がいるだろうか? そんな人物がいるグループが、テレビの音楽番組で堂々と歌っていいものか? 今回の一斉報道の影響を甘く見るべきではない。

DV報道が嘘っぱちだと証明できないなら、そんなことをしでかしたメンバーは脱退・契約解除となるのが、普通の事務所の対応だろう。

かつてORβITファンとして何枚も同じCDアルバムを買い、事務所が売り出す高額グッズなどにもお金を費やしていた筆者は、今となっては、見る目がなかった、と反省するばかりだ。

才能あるBUGVELが不憫だ。他の事務所に移籍したほうがいいよ。


K-POPランキング

音楽(J-POP)ランキング
にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村

*BUGVELの2022年6月29日(水)発売の2ndシングル「Heartbreaker」は、タイトル曲「Heartbreaker」と「Five Magics」「dawn」を収録。CDシングルはDVD付き初回限定盤[CD+DVD]、CDのみの通常盤[CD] 、CDのみでトレーディングカード(全5種ランダム)とメンバー個別オンライントーク会抽選応募権利付きFC限定盤[CD]の3形態で販売。HMV限定の個別お渡し会イベント特典付き商品もある。

HMV&BOOKS: Heartbreaker 個別お渡し会イベント特典付 ラインナップ (BUGVEL) 2022/6/29icon
HMV&BOOKS: Heartbreaker イベント特典なし ラインナップ (BUGVEL) 2022/6/29icon
楽天HMV&BOOKS: Heartbreaker 初回限定盤[CD+DVD] (BUGVEL) 2022/6/29
楽天HMV&BOOKS: Heartbreaker 通常盤[CD] (BUGVEL) 2022/6/29



スポンサードリンク
スポンサードリンク

-ORβIT, PRODUCE 101 JAPAN
-, , , , , , , , ,